« 『汚れた心』 | トップページ | 『任侠ヘルパー』 »

2012年12月 8日 (土)

『ドリームハウス』

今日は、劇場で公開中の作品の中から、ちょっと異色のサスペンスをひとつ、ご紹介♪

この映画、先週の映画の日に『007 スカイフォール』と一緒に鑑賞したんやけど、どちらも主演がダニエル・クレイグってことで、勝手にプチ“ダニエル・クレイグ祭り”してもうた(笑)

そんなダニエルくん、実は昨年、レイチェル・ワイズと結婚したらしいんやけど、そのきっかけになったのが、この作品やったんやって。作品で一緒に夫婦を演じて、どうやらその気になったらしい?!

監督を務めるジム・シェリダンは、以前にお気に入りで紹介した『父の祈りを』を監督したひとで、他にも『マイ・レフト・フット』や最近やと『マイ・ブラザー』なんかを作ったひとなんよね。

というわけで、そんな作品の感想は.......?!

ドリームハウス / Dream House   ★★★☆☆   (2011年)

監督:ジム・シェリダン

出演:ダニエル・クレイグ、レイチェル・ワイズ、ナオミ・ワッツ、マートン・ソーカス、イライアス・コティーズ、ジェーン・アレクサンダー、テイラー・ギア、クレア・アスティン・ギア、レイチェル・フォックス

編集の仕事を辞め、作家になって家族との時間を大切にしたい、そんな夢を叶えるために移り住んだ郊外の一軒家で、幸せな日々は始まるが、かつてその家で一家惨殺の殺人事件があったことを知り.........ってなサスペンス映画?!

この作品、最初は家の過去にまつわるエピソードで恐怖を煽る、定番のホラー映画かと思ったんやけど、なんや、いい意味で裏切られてもうたね。

ありきたりな流れから、急に展開が変わることで、観てて戸惑いながらも、グイグイと引き込まれるものがあるんよなぁ。

ちょっと怖めの『ゴースト』のような部分もあるんやけど、主演の3人の演技力もあって、なかなか良くデキたサスペンスに仕上がってるんよね!?

初期のジム・シェリダン作品と言えば、シリアスで骨太な印象やったんやけど、こういう良質なサスペンスを作り上げたってところは、ちょっと新鮮な驚きやったかな。

“夢の家”と“夢のなかの家”、タイトルにもキラリと光るセンスありってね!?(笑)

« 『汚れた心』 | トップページ | 『任侠ヘルパー』 »

映画」カテゴリの記事