« 『オペラハット』 | トップページ | 『96時間/リベンジ』 »

2013年1月13日 (日)

『渾身 KON-SHIN』

今年最初に紹介する劇場鑑賞作品は........ちょっと意表をついて(?)邦画から?!

この作品を観る予定はなかったんやけど、たまたまYahoo!のユーザーレビューかなにかで評価が良くて、ちょっと主役に不安を感じたものの、ひょっとして新年早々、当たりかも......なんて淡い期待を抱きつつ、試してみたんよね。

この監督さんは、中井貴一が主演の『RAILWAYS 49歳で電車の運転手になった男の物語』のひとで、他にも監督の出身地を舞台にした『うん、何?』って作品も作ったりしてて、今回も地元をフィーチャーしたってな話を聞いて、なおさら楽しみやったんやけど.......エイベックスが出しゃばらんかったら.......(苦笑)

というわけで、そんな作品の感想は.....?!

渾身 KON-SHIN   ★★★☆☆   (2012年)

監督:錦織良成

出演:伊藤 歩、青柳 翔、甲本雅裕、笹野高史、中村嘉葎雄、財前直見、長谷川初範、宮崎美子、井上華月、中村麻美、真行寺君枝、松金よね子

島根県の隠岐の島で、20年に1度開催される古典相撲の大会、そこで地区の代表として出場する男には、負けられない理由があった......ってな、守り継がれる伝統の中で家族の絆を描くってとこなんかな?!

いやぁ~、隠岐の島って自然の美しい、いい島やね。昔からの風習が今も残ってて、どこか牧歌的な雰囲気の漂う感じで、景色を見てて癒されてもうたよ(笑)

でっ、肝心の映画の中身はというと、一度は島を出た男が、故郷を離れられずに戻ってきて、相撲を通して島への愛情や家族への想いをぶつけるってなところで、話自体は悪くないんやけどねぇ..........う~ん、別のキャストで観たかった........!!(苦笑)

なんで主役にこの二人を選んだんやろね。伊藤くんの演技って、どうしてこう浅いんやろなぁ.......単に観る側の好みの問題なんやろか。ぎこちない仕草に、無理に作った表情、結局、役に入り込むほど消化しきれてないんやろうって思うんよ。

そんな彼女の相手をする彼は、島を愛してるわりに、ずっと標準語的なしゃべりで、無表情な演技を続けるし.......北海道の出身なのは分かるけど、役者は演じてなんぼやからね?!

島への愛着と家族愛がテーマのはずが、結局、よそ者がソワソワと演じてたら、ドラマが伝わってこんと思うんやけど........。脇役の甲本くんの弾け具合や、笹野くんの渋さに押されて、メインがぼやけてもうたのが残念やったね。

ちょっと“和風なロッキー”的な要素が良かったりもして、それなり盛り上がるんやけど、メインキャストに感情移入できないために、観終わった感想として残ったのは、隠岐の島に行ってみたいなぁってことぐらいやった.......残念?!(苦笑)

« 『オペラハット』 | トップページ | 『96時間/リベンジ』 »

映画」カテゴリの記事