« 『テッド』 | トップページ | 『ほっぷ すてっぷ じゃんぷッ!』 »

2013年1月28日 (月)

『賢く生きる恋のレシピ』

今日は、劇場未公開の作品の中からラブ・コメものをひとつ、ご紹介♪

ちょっと前に、サラ・ジェシカ・パーカーが出演シーンを編集上の理由からすべてカットされたってニュースを見て、監督さん、きっとウザかったんやろう、って妙に納得してもうたんよね(笑)

もちろん、理由はそこではないんやろうけど、彼女が売れっ子の女優ってのが、どうも個人的には理解できんのよなぁ。フィルモグラフィーをざっと見ると、あの『フットルース』に出演してたってのには多少の驚きがあったんやけど、何はともあれTVドラマの「SEX&THE CITY」がすべてなわけやんか。

そんなサラ嬢が恋愛映画でメインを張るってのはどうかと思いながら、この作品も当然ながらそんなヒロインに不満と不安を抱きつつ、エレン・ペイジが出演してるって理由だけで試してみたってわけ。

というわけで、そんな作品の感想は.........?!

賢く生きる恋のレシピ / Smart People   ★★★☆☆   (2008年)

監督:ノーム・ムーロ

出演:デニス・クエイド、サラ・ジェシカ・パーカー、トーマス・ヘイデン・チャーチ、エレン・ペイジ、アシュトン・ホームズ、クリスティーン・ラーチ、カミール・マーナ

偏屈で嫌われ者の大学教授は、ある日、ケガをして病院に担ぎ込まれた。そこでかつての教え子に出会い、彼女を食事に誘うのだが...ってな、中年男の恋と家族のお話?!

父親に似て、友達のいない、孤独な娘に、自堕落でお気楽に生きる父親の義理の弟も加わり、この家族はどないなるねん......って関係ないところでハラハラしたりして(苦笑)

しかし、賢く、勉強が出来て、亡くなった母親の代わりに家事もこなすが、妙に冷めてるってな娘役を演じるエレン嬢の演技を観てると、上手いもんやなぁって思うよね。大人びた行動をしながらも、どこか背伸びしてる感じが良く出てた。

そんな彼女の頑張りも虚しく、作品自体は特に事件が起こるわけでもなく、淡々と展開するもんやから、少し盛り上がりに欠けたかなぁ(苦笑)

まぁ、愛情が大事やってのがメッセージなんやろうけど、そんな最後も少し唐突やしね。だいたい、さっぱりその魅力が理解できないサラ嬢がヒロインってところが説得力がないというか........(苦笑)

とはいえ、それほど“ダメダメ”な作品でもないだけに、もう少し配給会社が“スマート”やったら、良かったんかもねぇ........なんて!?

« 『テッド』 | トップページ | 『ほっぷ すてっぷ じゃんぷッ!』 »

映画」カテゴリの記事