« ノーザンライツ・フェスティバル2013から ① 『チャイルドコール 呼声』 | トップページ | 『海燕ホテル・ブルー』 »

2013年2月11日 (月)

ノーザンライツ・フェスティバル2013から ② 『サウンド・オブ・ノイズ』

今日も、東京・渋谷でやってるノーザンライツ・フェスティバルで鑑賞したノルウェー映画をひとつ、ご紹介♪

この作品、2010年のカンヌ映画祭でヤング批評家賞ってのを受賞したんやって。他にもワルシャワ国際映画祭で観客賞を受賞したり、マイナーどころながら、いろいろと評価されてるらしいんよ。

そんでもって、今回の公式HPを見てたら、出演してるミュージシャンに元ビーグルのドラマーや、元レイ・ワンダーのひとが作ったバンドのドラマーとか.......って言っても「誰や?」って言われそうなんやけど、知る人ぞ知る的なマニアックな喜びを与えてくれる面々が出演してるんよね(笑)

そんなこんなで、作品の感想は........?!

サウンド・オブ・ノイズ / Sound Of Noise   ★★★★   (2010年)

監督:オラ・シモンソン、ヨハネス・シューネ・ニルソン

出演:ベント・二ルソン、サンナ・パーション、マグヌス・ボルイェソン、フレドリク・ミール

くだらない音楽で溢れた街で、様々な物を使って自分たちの音楽を奏でて、人々の目を覚まさせるってな目的で“音楽テロ”を遂行するために集まった6人のドラマー。そんな彼らを、音楽一家に生まれながら、自分だけ音楽の才能がなく、刑事になった男が追いかける.......ってなコメディ・ドラマ?!

病院の手術室に銀行.....意外な場所で意表をつくものを使って音楽を演奏する一味、そして現場にはメトロノームが残され.......ってなわけで、なんとも奇想天外なストーリーは、細かな笑いが散りばめられててエエんよね♪(笑)

とりあえず犯罪ドラマなんやろうけど、どこかユルくて、そんでもって痛快で、ニヤリとさせられてもうたよ。

そんでもって、そんなドラマには気の利いた音楽が流れ、クールなビートでガンガンとくるもんやから、自然と観る側もノリノリになってもうて........!?(笑)

アイデア溢れるストーリーと、ちょっとスリルがあって、笑いながらホコっとさせてくれる、う~ん、これ、なかなかナイスな一品やったね!?

« ノーザンライツ・フェスティバル2013から ① 『チャイルドコール 呼声』 | トップページ | 『海燕ホテル・ブルー』 »

お・ス・ス・メ!」カテゴリの記事

特集?!」カテゴリの記事