« ノーザンライツ・フェスティバル2013から ④ 『ブリーダー』 | トップページ | 『アウトロー』 »

2013年2月15日 (金)

『脳男』

今日は、劇場で公開中の邦画をひとつ、ご紹介♪

この作品、そのインパクトのある意味深なタイトルからも、ちょっと気になってたんよ。どうやら原作は江戸川乱歩賞を受賞した小説なんやってね?!

二階堂&染谷の“ヴェネチア組”が三度共演ってのも気になったし、脇に光石くんや甲本くんが顔を出してるってことでも、ちょっと期待したんよなぁ。まぁ、個人的には、主役にかなりの不安は覚えたんやけど、そこは敢えて考えないようにして......(苦笑)

それにしても、今年の公開予定の邦画のラインナップを見てると、“J事務所”だらけやよなぁ.....TV局が映画の製作に絡むと、安易にというか、何か大人の事情があるからなのか、よう知らんけど、そんなんばっかしやね。ちゃんと“役者”できるんなら文句はないんやけど、ちょっと邦画の興収がエエからって、その戦略に食傷気味になってる映画ファンもいるってことを、ボチボチ気づいて欲しいもんやよなぁ........また暗黒時代に戻る前にね!?

とまぁ、作品とは直接関係のないボヤキを言いつつ、そんな気分にさせてくれた作品の感想は.........?!(笑)

脳男   ★★★☆☆   (2013年)

監督:瀧本智行

出演:生田斗真、松雪泰子、江口洋介、二階堂ふみ、太田莉菜、大和田健介、染谷将太、光石 研、甲本雅裕、小澤征悦、石橋蓮司、夏八木 勲

連続する無差別爆破事件の犯人を追う警察は、ある手がかりから居所を突き止めるが、その現場でひとりの青年を容疑者として逮捕することに。彼の精神鑑定を担当する女医はだったが、自分のことを何も語らず、謎が深まるばかりで.......ってなミステリー&アクション?!

青年の過去を探りながら、凶悪な犯人との関係を追及する、そんな話は、それなりにスリリングに展開しとったかな。原作はよう知らんので、作品がどの程度、その世界観を表現できてるのかはよう分からんのやけど、個人的にはもう一息な感じやったかな。

この主役は、無表情でセリフが多いわけでもなく、そういう意味では、イケメンを立たせといた方がウケはいいってことで、まぁ、これはこれでアリなのかもしれんけど、観る側に先入観があるからか、どうにも存在が“軽い”んよなぁ(苦笑)

日テレさんの作品だけに、それで客が呼べればオッケーってことなのかもしれんけど......。

その一方で、初の悪役を演じた二階堂くん、もうキレキレやったねぇ。そこまでやるか、しかし.........そんな驚きがナイスやったよ!?(笑)

脇役の面々は、それなりに役にハマってる感じやったんで、悪いデキではないとは思うんやけど、どうしても、どこか中途半端な感は否めず、ちょっと溜息が........なんか続編作りたそうやし........?!(苦笑)

« ノーザンライツ・フェスティバル2013から ④ 『ブリーダー』 | トップページ | 『アウトロー』 »

映画」カテゴリの記事