« 『アウェイクニング』 | トップページ | 『人生、ブラボー!』 »

2013年2月 8日 (金)

『ガール』

今日は邦画をひとつ、ご紹介♪

この作品、タイトルのとおり女性を描いたもので、ターゲットも20代から30代の女性と思われ、そんなものをオヤジが観てどないすんねんってことで、劇場で公開されたときは、当然のようにスルーしたんよ。

しかも、出演者の顔ぶれを見れば、演技でいえば麻生くんの頑張りに期待かなぁって感じで、期待よりもむしろ“けなす”ことを想定しながら鑑賞してみたんやけど.........意外と.......ね(笑)

というわけで、そんな作品の感想は.......?!

ガール   ★★★☆☆   (2011年)

監督:深川栄洋

出演:香里奈、麻生久美子、吉瀬美智子、板谷由夏、要 潤、林 遣都、上地雄輔、向井 理、波瑠、加藤ローサ、檀 れい、黒川芽以、野間口 徹、段田安則

30歳代なかばの3人と30歳を目前にした女性、仲のいい彼女たちが抱える人生の悩みを描きながら、女の幸せを考えるってなドラマ?!

かわいい服が大好きな広告代理店に勤める独身の女、課長になったばかりの不動産会社に勤めるキャリア志向の女、仕事一筋で“女”を捨てぎみの文具メーカーに勤める女、シングルマザーとしてひとり息子と暮らす自動車販売店に勤める女、それぞれに仕事に悩み、人生に迷い、必死に頑張る彼女たちの姿を通して、女として生きることの難しさや喜びを......ってことなんやろね。

男女平等の社会といいながら、それでも偏見や価値観の間でカベにぶつかり、挫けそうになりながらも前に進む、そんな等身大の“ガール”のドラマは、どれもそれなりにリアリティがあって、悪くなかったね!?

男の立場で見ると、共感するというわけにはいかんけど、同性の目線で見れば、何かしら感じるものがあるのかもなぁ。意外と楽しめてもうたよ。

しかし.......某通販会社で洋服のデザインを手掛けてる香里奈くんのファッションの“痛さ”は、きっとキャラ設定のせいなんやろね.......まぁ、ファッションについてとやかく言えるような立場ではないんやけど.......?!

あと、女の人生の半分が“ブルー”なら、男の人生の半分は........“グレー”かなぁ.......うっ、寂しいなぁ.......(苦笑)

« 『アウェイクニング』 | トップページ | 『人生、ブラボー!』 »

映画」カテゴリの記事