« 『ガール』 | トップページ | ノーザンライツ・フェスティバル2013から ① 『チャイルドコール 呼声』 »

2013年2月 9日 (土)

『人生、ブラボー!』

今日は、劇場で公開中の作品の中から、コメディーものをひとつ、ご紹介♪

これ、フランス語で撮られたカナダの映画なんやけど、本国ではカナダでアカデミー賞にあたるジニー賞で脚本賞を受賞するなど、結構、話題になった作品らしいんよね。この監督さん、『大いなる休暇』って作品の脚本を書いたひとでもあって、もともと脚本が上手いんかな。

そんな監督さん自らの手で、すでにハリウッド版を作ることが決まってるらしく、どうやらヴィンス・ヴォーンがキャスティングされてるみたいなんやけど.......う~ん、ちょっと心配かなぁ(苦笑)

というわけで、そんな作品の感想は........?!

人生、ブラボー! / Starbuck   ★★★★   (2011年)

監督:ケン・スコット

出演:パトリック・ユアール、アントワーヌ・ベルトラン、ジュリー・ルブレトン

家族で経営する精肉店で配達の仕事をしているが、自由気ままな暮らしぶりに、家族や恋人からも愛想を尽かされる、借金まみれの冴えないダメ男。そんな彼のもとを訪れた弁護士から、若い頃にやった精子提供のバイトの結果、500人余りの子どもが生まれ、その内の142名から自分の名前を開示するよう、集団訴訟がなされたことを告げられる........ってな、コメディ調の心温まるドラマ?!

思いもよらない展開に戸惑いながら、逆に自分の遺伝子を持つ相手に興味を持ち、名前を告げずに会うが......ってなことで、なんやろうねぇ、このホノボノした雰囲気、とっても心地エエんよ♪(笑)

主人公のダメな中年男がどうにも憎めないキャラなところがいいのと、そんな彼を中心にした、家族や友人、そんでもって子供たちとの“つながり”ってのが、細かな笑いを散りばめつつ、うま~く描かれてるんよなぁ。

ちょっと意表を突く設定の話にノセられつつ、なんとも微笑ましく、そしてさりげなくホッと心を温めてくれるドラマは、かなり秀逸やったね!?

タイトルに“ブラボー”ってのは違和感がありまくるんやけど、作品のデキは、まさに“ブラボー”やったかな。ちょっとおススメ♪(笑)

« 『ガール』 | トップページ | ノーザンライツ・フェスティバル2013から ① 『チャイルドコール 呼声』 »

お・ス・ス・メ!」カテゴリの記事