« 『偽りなき者』 | トップページ | 『グレイティスト』 »

2013年3月31日 (日)

『ジャックと天空の巨人』

今日は、劇場で公開中の作品の中から、大作もの(?)をひとつ、ご紹介♪

ブライアン・シンガーって監督さんは、このブログでもイチオシしてる『ユージュアル・サスペクツ』以来、X-MENシリーズやトム・クルーズと組んだ『ワルキューレ』等、ずっと好きな監督のひとりなんよね。

ただ、最近は、どちらかというと製作に回ることが多くて、ちょっと寂しいなぁって思ってたんやけど、そんな監督さんが久々に自らメガホンを取るってんで、かなり小躍りしながら(?)期待してもうた(笑)

そんな作品で主人公を務めてるのは、トム・フォード監督の『シングルマン』で注目された若手俳優ニコラス・ホルトなんやけど、彼って、実はヒュー・グラント主演で話題になった『アバウト・ア・ボーイ』で少年役を演じてた子役やったんやって。あれから10年ちょっと.....すっかり大人になって.......って、いかにもオヤジくさいコメントをしてみたりして。

ちなみにお姫様役のエレノア・トムリンソンは、『ジョージアの日記/ゆーうつでキラキラな毎日』って作品で、主人公の親友役で出てたイギリスの女優さんなんよね。

というわけで、そんな作品の感想は........?!

ジャックと天空の巨人 / Jack The Giant Slayer   ★★★☆☆   (2013年)

監督:ブライアン・シンガー

出演:ニコラス・ホルト、エレノア・トムリンソン、スタンリー・トゥッチ、ユアン・マクレガー、ビル・ナイ、イアン・マクシェーン、エディ・マーサン、サイモン・ロウ、クリストファー・フェアバンク

謎の僧侶から託された豆、そのツルは地上と天との間にある巨人の国に届くものだった。伸びたツルで空高く上り、巨人に囚われた姫を救うため、王の精鋭と一緒に上を目指す貧しい農家で育った青年ジャックだったが......ってな、童話を基に作られたアクション・アドベンチャー?!

かつて地上を追われ、復讐に燃える巨人たちと立ち向かう青年と兵士たち、未知の冒険の行方は.....ってなことで、ファンタジーな要素や少しダークな味わいも混ぜて、語り上手なシンガー監督らしい、それなりのデキのドラマに仕上がってたかな。

まぁ、ちょっと期待したほどの面白味がないとか、主役の若いふたりのインパクトが薄いとか、物足りなさはあるんやけど、きっとより幅広い客層を狙うために、少し中途半端な感じになってもうたんやろね?!

しかし、勇敢な隊長役で出てたユアンくんが、妙にアッサリした演技で男前を演じてて、最初、別人かと思ってもうたんよなぁ。そんな所も含めて、素直さを忘れつつあるオヤジには、ちょっと上品すぎる作品やったのかも?!(苦笑)

« 『偽りなき者』 | トップページ | 『グレイティスト』 »

映画」カテゴリの記事