« 『劇場版 目を閉じてギラギラ』 | トップページ | 『スリーピング タイト 白肌の美女の異常な夜』 »

2013年4月10日 (水)

『EVA<エヴァ>』

今日は、劇場未公開ながら、先日紹介した『レッド・ステイト』と同様に、“シッチェス映画祭ファンタスティック・セレクション”なる企画で公開されてた作品をひとつ、ご紹介♪

この作品、そのシッチェス映画祭で最優秀視覚効果賞を受賞したほか、スペインのアカデミー賞にあたるゴヤ賞でも新人監督賞や助演男優賞を受賞していて、その他の主要部門でもノミネートされてた作品なんやって。

そんな作品には、『蒼ざめた官能』で見かけて、その後『プリズン211』って作品でも男臭いドラマに華を添えてたマルタ・エトゥラっていうスペインの女優さんが出てて、これはハズせんってね(笑)

というわけで、そんな作品の感想は.........?!

EVA<エヴァ> / Eva   ★★★☆☆   (2011年)

監督:キケ・マイーヨ

出演:ダニエル・ブリュール、マルタ・エトゥラ、アルベルト・アンマン、クラウディア・ベガ、アン・キャノヴァス、ルイス・オマール

ロボット開発が進んだ近未来、新型の自律型ロボットの開発のために、大学に呼ばれて久しぶりに故郷に戻ってきたロボット科学者の男は、ロボットのモデルとなる子どもを探していた時に、兄と自分の元カノの間に生まれた姪のエヴァと出会うのだが.......ってなSFドラマ?!

愛してはいけない相手、そして不思議な魅力を持つ少女、ちょっと微妙な人間関係には、ある秘密が......ってな感じで、SF的な要素を取り入れながら、男と女の揺れる気持ちを描くってとこなんかな?!

ゴヤ賞で視覚効果賞を受賞ってことで、なるほどコダワリは分かるし、話の方もヒネリを加えてってのは悪くないんやけど、ちょっと先が読めてまうところがね.....(苦笑)

ところで、主演のダニエルくん、いつもドイツ語をしゃっべってる彼がスペイン語で主役をやってるのに驚いたんやけど、実は母親がスペインのひとなんやってね。どの作品でも安定した存在感を示す彼は、ヨーロッパ映画では欠かせない、実力派の若手俳優やよなぁ!?

« 『劇場版 目を閉じてギラギラ』 | トップページ | 『スリーピング タイト 白肌の美女の異常な夜』 »

映画」カテゴリの記事