« 『さあ帰ろう、ペダルをこいで』 | トップページ | 『カルテット!人生のオペラハウス』 »

2013年4月26日 (金)

『映画版 マメシバ一郎 フーテンの芝二郎』

今日は邦画をひとつ、ご紹介♪

この作品、テレビ東京の深夜ドラマから始まって、『幼獣マメシバ』で映画になり、なんと前作『マメシバ一郎』は3Dにもなって、マニアックな盛り上がり(?)で、今回、劇場版3作目ができたってわけ。

TV版の方は、実はほとんど見たことがないんやけど、映画になるたびにマメシバの愛らしさに惹かれるのか、妙に気になってもうて、ついついレンタルしてまうんよなぁ......。

これまでレギュラー扱いやった渋谷琴乃くんが出てないってのが、ちょっと個人的に残念ではあったんやけど、今回のヒロイン(?)をつとめる南沢くんも、なかなかの期待の若手ってことで、これはこれでOKかも。

というわけで、そんな作品の感想は..........?!

映画版 マメシバ一郎 フーテンの芝二郎   ★★★☆☆   (2012年)

監督:亀井 亨

出演:佐藤二朗、南沢奈央、高橋 洋、高橋直純、キムラ緑子、志賀廣太郎、藤田弓子、角替和枝

母親が家を売り払ったために、叔父の経営するアパートでマメシバの一郎と暮らすことになった二郎、ペットショップで働くものの、相変わらず労働意欲はゼロで.......ってな、ダメ男のゆる~い“人生立て直し”ドラマ?!

30代後半の元ひきこもり、社会生活が苦手で、気ままな生活とうまい棒をこよなく愛するダメ男、そんなキャラを独特の“ヒネくれ具合”で演じる佐藤くんのキャラ勝ちやよなぁ。まったく冴えないオヤジの無気力な奮闘(?)に、とってもキュートなマメシバの映像で癒しを加え、この調子ハズレな感じが、いつのまにかクセになってたりして.......(笑)

実は、強烈なキャラの主人公の周りにいる、志賀おじさんや、親友役の高橋くん、ペットショップのオーナーに駄菓子屋のおばちゃん、それに藤田ママといった脇のキャラが、しっかりと絡んでくるあたりで、安心のクオリティに仕上がってるんやと思うんよ。

それにしても........このシリーズを観るたびに、うまい棒の“おとな食い”をしたくなるんよなぁ.......定番ではあるんやけど、味はやっぱり“チーズ”やねぇ........?!(笑)

« 『さあ帰ろう、ペダルをこいで』 | トップページ | 『カルテット!人生のオペラハウス』 »

映画」カテゴリの記事