« 『ボクたちの交換日記』 | トップページ | 『アンナ・カレーニナ』 »

2013年4月 6日 (土)

『THE GREY 凍える太陽』

今日は、最近すっかりアクションでアピールしまくってるリーアム・ニーソン主演の作品をひとつ、ご紹介♪

実はこの作品、監督さんに注目してたんよ。ジョー・カーナハンと言えば、前作は『特攻野郎Aチーム THE MOVIE』を監督してて、「そんな軟弱な作品を」って思うかもしれんけど、更に遡ると『スモーキン・エース/暗殺者がいっぱい』っていう、コメディ調のアクション映画を作ってて、「やっぱりコメディとアクションか」ってツッコミを受けつつ、ポイントは、その前の『NARC ナーク』って作品で、これがゴリゴリのハードボイルド系のアクションで、ちょっと話題になったんよね。

なんで話題になったかっていうと、その作品を観たトム・クルーズが気に入って、『ミッション:インポッシブル』の3作目の監督に抜擢されたっていう話があったからなんよ(確か記憶が正しければやけど.....)。結局のところJ・Jエイブラムスが監督に収まって、実現はしなかったんやけどね。

今回はコメディ要素を捨てて、カーナハン監督の原点回帰的は作品に仕上がってるってことで、楽しみにしてたわけやけど、そんな作品の感想は..........?!

THE GREY 凍える太陽 / The Grey   ★★★☆☆   (2012年)

監督:ジョー・カーナハン

出演:リーアム・ニーソン、フランク・グリロ、ダラス・ロバーツ、ダーモット・マローニー、ジョー・アンダーソン、ノンソー・アノジー、ジェームズ・バッジ・デール、ベン・ブレイ

極寒のアラスカにある油田で、作業員をオオカミなどの野生動物から守るために雇われたスナイパーの男は、休暇で家に戻るために飛行機に乗ったのだが、悪天候で雪原に墜落してしまうことに。彼を含め7名の生存者は、襲ってくる野生のオオカミから逃れるため、森への移動を試みるのだが......ってなサバイバル・ドラマ?!

過酷な状況のなかでの生死をかけた戦い、生き延びるために必死にもがく人々と彼らを狙う獰猛なオオカミのバトルを描くんよね。

まぁ、話の展開としては、この手の作品にありがちな作りになってて、一人減り、二人減りってな感じで、特に意外性のようなものはなかった。それに、抜群のタイミングでピンポイントで襲ってくる“敵”ってのも、ちょっとデキすぎやし(苦笑)

ただ、これ、平凡でオモシロミのない作品かっていうと、そうとも言えんのよ。極限状態の中で“生”を強烈に意識させられるんやけど、その話の中心に、生きる目的を失った主人公の心の葛藤ってのが描かれてて、そのヘビーな役柄を、リーアムくんが渋く演じてるんよね!?

この監督さんの特徴でもある、緊張感あふれる演出ってのが、白銀の世界のなかでも存分に活きてて、そんなところに夢中にさせられてもうたよ。

作品としてオモロイと思えるかどうかは、ちょっと好みが分かれるところやと思うけど、個人的には悪くはなかったかな?!

« 『ボクたちの交換日記』 | トップページ | 『アンナ・カレーニナ』 »

映画」カテゴリの記事