« 『赤い季節』 | トップページ | 『桃(タオ)さんのしあわせ』 »

2013年5月29日 (水)

『ロンドン・ヒート』

今日は、イギリスのクライム・アクションものをひとつ、ご紹介♪

この作品、70年代にイギリスで流行ったTVドラマを映画化した作品らしく、本国イギリスではヒットしたらしい........パッケージに“全英No.1大ヒット!!!”ってエクスクラメーションが3つもついてるからね......ホンマかどうか知らんけど(苦笑)

監督のニック・ラヴってひとは、『フットボール・ファクトリー』っていうフーリガンの抗争を描いた作品を監督したひとで、ちょっと前に紹介したニコラス・ウィンディング・レフン監督の『ブロンソン』って作品では、自分で監督する予定やったのを、降板してレフン監督に任せ、製作総指揮にまわったらしいんよね。

そんなわけで、イギリス人が熱狂した(?)らしい作品の感想は.........?!

ロンドン・ヒート / The Sweeney   ★★★☆☆   (2012年)

監督:ニック・ラヴ

出演:レイ・ウィンストン、ベン・ドリュー、ヘイリー・アトウェル、ダミアン・ルイス、スティーヴン・マッキントッシュ、アラン・フォード、ポール・アンダーソン

ロンドン市警の特捜部隊を率いる男は、その手荒な捜査方法で内部監査部門から睨まれながらも、凶悪犯を逮捕するため、必死に容疑者を追うのだが.......ってな、ちょいとハードなポリス・アクションもの?!

情報屋へのブツの横流しにチーム内での不倫、主演のレイおじさんの“ワルっぷり”が半端ないんよ(笑)

そんなちょっとダークな主人公が、容赦ない捜査で犯人を追いこんでいくってところが、どこか人間臭く、ハードボイルドな感じを醸し出してるんかもね。

トラファルガー広場でのハゲしい銃撃戦やスリリングなカーチェイスなど、テンポのいい流れと程よいサスペンス要素もあり、アクションものとしては悪くなかったかも。

原題の“Sweeney”を辞書で調べると、「70年代の英国のテレビ警察ドラマ。(英俗)特別機動隊員」って出てくるところをみると、元ネタはかなり有名なTVドラマやったんやろね。そこまで有名なら、邦題を変える必要もないような気もしたりして.......?!(苦笑)

« 『赤い季節』 | トップページ | 『桃(タオ)さんのしあわせ』 »

映画」カテゴリの記事