« 『図書館戦争』 | トップページ | 『L.A. ギャング ストーリー』 »

2013年5月11日 (土)

『アイアンマン3』

今日は、劇場で公開中の作品の中から、洋画の話題作をひとつ、ご紹介♪

『アイアンマン』『アイアンマン2』、そして昨年の『アベンジャーズ』ときて、とりあえず今回がひと区切りってことらしいんやけど、前2作の監督ジョン・ファヴローは製作総指揮とボディーガード役で脇に回り、ちょっと新鮮なテイストでってとこなんかな。

本国アメリカでは、“シリーズ最高傑作”なんて批評が出てるらしく、どうやら盛り上がってるらしいんよね。まぁ、このシリーズがボチボチ成功してるのは、主演の元アル中のダウニーくん(しっかりネタにしてたけど....)のキャラと、そこそこ骨のある悪役がいいところかなって思うんよ。

で、今回も王道のストーリに、それぞれのフレーバーをしっかりと振り掛けて、なるほど頑張って作った感は十分にあったかな。

というわけで、そんな作品の感想は.........?!

アイアンマン3 / Iron Man 3   ★★★☆☆   (2013年)

監督:シェーン・ブラック

出演:ロバート・ダウニー・Jr、グウィネス・パルトロー、ドン・チードル、ガイ・ピアース、レベッカ・ホール、ジェームズ・バッジ・デール、ジョン・ファヴロー、ベン・キングスレー、ステファニー・ショスタク

凶悪な犯罪組織によって引き起こされる爆破事件、アイアンマンことトニー・スタークは、敵に自宅を強襲され、からくも逃げるのだが.......ってな、新たな敵と戦うヒーローを描いたアクション映画のシリーズ第3弾?!

“アベンジャーズ”としての戦いが原因で心を病んでしまった主人公だったが、最愛のひとを救いだし、国家の危機から人々を守るため、再び戦いの場へ向かうってな感じで、今回も派手に大暴れってね(笑)

ストーリーのベースは、挫けそうになりながらも悪を倒すために立ち上がるってことで、実に分かりやすい、毎度の展開で、それをダウニーくんのキャラを前面に、娯楽作品に仕上げるってとこかな。

内容的には、どうってことはないんやけど、悪役がしっかりと悪者ぶりを発揮してるのと、テンポよく話が進み、要所でド派手なアクションで楽しませてくれるんで、十分に楽しめる作品なんと違うかな。

まぁ、それ以上の感動やら何やらを求めてまうと、ちょっとこの作品には荷が重い気はするんやけどね?!(笑)

« 『図書館戦争』 | トップページ | 『L.A. ギャング ストーリー』 »

映画」カテゴリの記事