« 『チキンとプラム ~あるバイオリン弾き、最後の夢~』 | トップページ | 『エデン』 »

2013年5月19日 (日)

『ラストスタンド』

今日は、劇場で公開中の作品の中からひとつ、ご紹介♪

“I'll be back !”ってなことで、本格的に俳優にカムバックのシュワちゃんことアーノルド・シュワルツェネッガーの主演復帰作がこれ。

『エクスペンダブルズ2』っでチョロっとアクション復帰してたんやけど、正直に言うと、観てて少し痛々しくて、もうアカンやろうって思ってたもんやから、この作品にもそれほど興味はなかったんよ。ただ、妙に世間の評判がいいらしく、それならばってことで鑑賞してみたってわけ。

もうひとつの興味は、監督が韓国のキム・ジウンってひとなんやけど、彼の過去の作品『グッド・バッド・ウィアード』ってのがあって、韓国の“西部劇”っていう意表を突く内容で、なかなかキレのあるコミカルなアクションを作ってたのが印象的で、そんな彼がハリウッド進出でどうなるかってのがあったんよ。

というわけで、そんな作品の感想は..........?!

ラストスタンド / The Last Stand   ★★★☆☆   (2013年)

監督:キム・ジウン

出演:アーノルド・シュワルツェネッガー、フォレスト・ウィッテカー、ジョニー・ノックスヴィル、ロドリゴ・サントロ、ルイス・ガスマン、エドゥアルド・ノリエガ、ジェイミー・アレクサンダー、ピーター・ストーメア

極悪人の麻薬王を護送しようとしていたFBIだったが、男の部下に邪魔され、まんまと逃げられてしまう。南のメキシコとの国境を突破して、メキシコに逃亡しようとする男に、のどかな国境の町で暮らす保安官が挑むのだが.......ってなアクションもの?!

普段は事件らしい事件もない平和な町に、突如迫りくる犯罪者たち、FBIの応援部隊は間に合わず、わずか5人で立ち向かう.......ってなことで、なかなか小気味いい展開のドラマに仕上がってたね。

60代半ばになった主演のシュワちゃんは、見た目は若作りで昔の姿を彷彿させるんやけど、さすがに動きに限界があったかなぁ(苦笑)

ただ、クライム・アクションでありながら、どこかコメディ調な要素がある作りになっていて、そんなシュワちゃんの、いかにも“ムリしてる感”を逆手に取ってるあたり、違和感なく楽しめるのかもね?!

軽いタッチで攻めながら、スピード感とノリ重視で楽しませる、この監督さんの良さが十分に活かされてるあたり、確かに娯楽作品としては悪くないのかも?!

« 『チキンとプラム ~あるバイオリン弾き、最後の夢~』 | トップページ | 『エデン』 »

映画」カテゴリの記事