« 『桃(タオ)さんのしあわせ』 | トップページ | 『ドリフト』 »

2013年5月31日 (金)

『探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点』

今日は、劇場で公開中の作品の中から、邦画をひとつ、ご紹介♪

もう公開初日から3週間ほど経ってるから、ちょっと遅ればせながらって感じではあるんやけど、前作の『探偵はBARにいる』を映画館で観たこともあり、ちょっと微妙な世間の評判ではあったんやけど、シネコンのサービスデーを利用して、とりあえず鑑賞に。

監督の橋本くんと言えば、テレビドラマの「相棒」「臨場」の監督を務め、それぞれ『臨場 劇場版』『相棒シリーズ X DAY』でも監督してたひとで、ちょっと骨太なドラマを期待するやんね。

というわけで、そんな作品の感想は..........?!

探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点   ★★★☆☆   (2013年)

監督:橋本 一

出演:大泉 洋、松田龍平、尾野真千子、ゴリ、田口トモロヲ、渡部篤郎、篠意英介、波岡一喜、近藤公園、松重 豊、徳井 優、マギー、安藤玉恵

北の歓楽街ススキノをベースに活動する探偵は、親友を殺した犯人を捜し出そうと独自に捜査を始めるが、そんな彼の前に、同じく事件を調べている美人バイオリニストが現れ........ってな、シリーズ第2弾?!

事件の裏に潜む、政界を巻き込んだ大きな闇、そして次々と襲ってくる謎の敵ってなことで、基本的に“ゆる~い”中に、ちょっとサスペンスやらバイオレンスを散りばめってな感じで、まぁ、それなりなデキではあるんかな。

主演のふたりのキャラは十分に立ってるし、前回に比べてヒロインがレベルアップしてる(個人的な嗜好に基づく見解ではあるんやけど.......)ところは、評価できるんやけどね!(笑)

結局のところ、ゆる~い流れのなかで、いかに変化を付けるかってところがポイントなんやろうけど、突然のエロ攻勢も含めて、唐突に社会派になってみたり、その当たりの演出は、ちょっと場当たり的で、どうかと思うんよなぁ。

まぁ、それなり楽しめるからエエんやけど、よくできた作品かと言われると..........??(苦笑)

« 『桃(タオ)さんのしあわせ』 | トップページ | 『ドリフト』 »

映画」カテゴリの記事