« 『きっと、うまくいく』 | トップページ | 『スノータウン』 »

2013年5月26日 (日)

『モネ・ゲーム』

今日は、劇場で公開中の作品の中から、コメディをひとつ、ご紹介♪

この作品、元ネタは60年代にシャーリー・マクレーンとマイケル・ケイン主演で人気になった『泥棒貴族』って作品で、それをアレンジしてリメイクしたものなんやってね。でもって、脚本を担当してるのが、ジョエル&イーサンの“コーエン兄弟”ってことで、それだけでも興味が湧いてくるやんか。

監督のマイケル・ホフマンってひとは、前作で『終着駅 トルストイ最後の旅』を監督してたんやけど、これが個人的にかなりツボやったもんやから、今回も“笑いと感動の.......”って期待してたんよ。ただし.........監督さんの過去の純粋なコメディ作品ってのを思い出すと.............いや、いや、まさか.........(苦笑)

というわけで、そんな作品の感想は.........?!

モネ・ゲーム / Gambit   ★★★☆☆   (2012年)

監督:マイケル・ホフマン

出演:コリン・ファース、キャメロン・ディアス、アラン・リックマン、スタンリー・トゥッチ、トム・コートネイ、アンナ・スケラーン、ジェラード・ホラン、伊川東吾

雇われ美術鑑定士の男は、ボスである大金持ちの男にイビられ、腹いせに仕返しを計画する。テキサスの田舎娘を仲間に加え、贋物のモネの作品を彼に買わせようとするのだが.........ってなコメディ作品?!

想定してた計画では、簡単に大金が手に入るはずが、すべてが計画通りにいかず、アレやコレやと大騒ぎってなことで、ドタバタな感じのコメディやった。

なかなか芸達者な役者を使って、それなりに弾けた(?)演出で笑いを取りにきてはいるんやけど、なんやろなぁ........あざと過ぎるのか、イマイチ笑えんかった(苦笑)

まぁ、細かいツッコミを入れるような内容の作品ではないんやけど、それにしてもオイオイって言いたくなってもうて、尺が短いワリに、気づいたら途中でグッタリと疲れてもうてたよ。

しかし、未だに海外から見た日本人ってのは、こんなアホな人種に映ってるんやろか。コメディを観てるはずが、ちょっと切なくなってもうた........?!(苦笑)

« 『きっと、うまくいく』 | トップページ | 『スノータウン』 »

映画」カテゴリの記事