« 『エンド・オブ・ホワイトハウス』 | トップページ | 『エンド・オブ・ザ・ワールド 地球最後の日、恋に落ちる』 »

2013年6月16日 (日)

『奇跡のリンゴ』

今日は、劇場で公開中の作品の中から、邦画をひとつ、ご紹介♪

この作品の基になってるのは、実際に無農薬リンゴの栽培に成功したひとの話ってことで、あまり詳しくは知らないものの、そういう話があるってのは耳にしたことがあったんよね。

いかにも感動できそうな話を中村監督がメガフォンを取って作ったってことで、ちょっと期待してたんよなぁ。まぁ、個人的に主役に不安はあったものの、それ以外はなかなかのメンツやし。

というわけで、そんな作品の感想は..........?!

奇跡のリンゴ   ★★★☆☆   (2013年)

監督:中村義洋

出演:阿部サダヲ、菅野美穂、山﨑 努、池内博之、伊武雅刀、原田美枝子、笹野高史、畠山 紬、渡邉空美、小泉颯野

リンゴ農家のひとり娘と結婚することになり、婿養子になった男は、農薬にアレルギー反応を示す妻を気に掛けていたときに、無農薬の自然農法の本を読んだことで、無農薬リンゴの栽培に挑戦することを決意するのだが.........ってな、実話を基にしたお話?!

おいしいリンゴを栽培するためには、必要悪として広く使用されていた農薬に疑問を持ち、様々な困難にぶち当たりながら、成功した感動秘話を映画にってことで、いわゆる“感動がウリ”の作品なんよね。

さすが中村監督ってことで、そつなく無難に盛り上げてる感じではあるんやけど........限られた時間で感動を演出せなアカンとはいえ、ちょっと細かいエピソードが“あざとい”んよなぁ.....(苦笑)

主演の阿部くんは、確かに他にはない個性を持った役者で、ある種の作品ではハマるのかもしれんけど、やっぱりコメディ系の役者なわけで......というか、演技の仕方が基本的にいつもコメディ調なもんやから、意識してるんかどうかは知らんけど、何をやっても軽すぎるんよ。

脇でベテランの山﨑くんや伊武くん、笹野くんあたりが味のある演技をすればするほど、薄っぺらさが際立ってもうて、感動する前にシラケてもうたよ(苦笑)

まぁ、不可能を可能にしたのは、良き理解者である家族の支えがあってこそ、って話は確かに感動的ではあるんやけどねぇ.........?!

« 『エンド・オブ・ホワイトハウス』 | トップページ | 『エンド・オブ・ザ・ワールド 地球最後の日、恋に落ちる』 »

映画」カテゴリの記事