« 『エンド・オブ・ザ・ワールド 地球最後の日、恋に落ちる』 | トップページ | 『ゲットバック』 »

2013年6月18日 (火)

『I’M FLASH!』

今日は邦画をひとつ、ご紹介♪

この作品、監督が『空中庭園』『蘇りの血』の豊田利晃って時点で“ちょっとドナイよ”って思って、更に主演が藤原くんで、加えて柄本家のバーター息子が出演ってことで、まったく食指が進まんかったんやけど、松田家の長男坊が出演ってことで、それならばと思ってレンタルしてみたんよね。

まぁ、結果的に柄本くんは速攻で姿が消えたんで、特段の害はなかったんやけど、作品としてはなぁ.........ってことで、感想は..........?!

I’M FLASH!   ★★★☆☆   (2012年)

監督:豊田利晃

出演:藤原竜也、松田龍平、永山絢斗、仲野 茂、水原希子、板尾創路、北村有起哉、大楠道代、原田麻由、柄本 祐、中村達也

新興宗教のカリスマ教祖を護衛することになった3人の殺し屋。飲酒運転で事故を起こした教祖は、教団を運営する母親と姉に、教祖を辞めると宣言するのだが.........ってなお話?!

一緒に事故に遭った謎の美女との因縁と、カリスマ教祖の苦悩を軸に、“死”を巡って様々な思惑が絡みあうってとこなんかな。

う~ん、なんと言うか、サスペンス調の中に緊張感をもたせながら、少しユルい笑いも演出して、アクションも取り入れって、いろいろと欲張ってみたんやろうけど、結果的に中途半端な感じが残るデキやったね。

「そもそも何でこの3人?」っていう疑問が最初から最後まで頭にこびりついてもうて、いろいろと薀蓄のありそうなセリフを並べてるんやけど、一向に頭に入ってこんかった(苦笑)

松田家の長男坊は、相変わらず個性を出した演技をしてるんやけど、周りが軽すぎて、ちょっと落ち着かない感じやったかな。

結局のところ、観終わっての感想といえば、「あぁ、やっぱり沖縄の海はキレイなんやぁ.....」ってことくらいで、単なる時間つぶし程度の作品やったね?!(笑)

« 『エンド・オブ・ザ・ワールド 地球最後の日、恋に落ちる』 | トップページ | 『ゲットバック』 »

映画」カテゴリの記事