« 『ハングオーバー!!! 最後の反省会』 | トップページ | 『最高の人生のはじめ方』 »

2013年7月14日 (日)

『ワイルド・スピード EURO MISSION』

今日は、劇場で公開中の作品の中から、夏の暑さをぶっ飛ばす(?)アクションものをひとつ、ご紹介♪

このシリーズ、一時は北川景子をヒロインに迎えて東京でドリフトしだした頃(『ワイルド・スピード×3 TOKYO DORIFUT』) は、かなりの限界やったんやけど、その後に電撃的にオリジナルのメンバーが復帰し、勢いを取り戻した感じやんね。

ただ、『ワイルド・スピード MAX』『ワイルド・スピード MEGA MAX』ときて、“メガ”の次はどないすんねんってのが個人的に非常に心配やったんやけど、なるほど、そうきたかってね。当然ながら、原題には“MAX”も“MEGA MAX”も“EURO MISSION”もなく、そもそも“ワイルド・スピード”でもないんやけど.........(苦笑)

というわけで、そんな作品の感想は..............?!

ワイルド・スピード EURO MISSION / Fast & Furious 6   ★★★☆☆   (2013年)

監督:ジャスティン・リン

出演:ヴィン・ディーゼル、ポール・ウォーカー、ドウェイン・ジョンソン、ミシェル・ロドリゲス、タイリース・ギブソン、クリス・“リュダクリス”・ブリッジス、サン・カン、ジョーダナ・ブリュースター、ジーナ・カラーノ、ルーク・エヴァンス、ガル・ギャドット、ジョン・オーティス、シェー・ウィガム、エルサ・パタキ

ヨーロッパを舞台に強盗を繰り返す謎の犯罪組織を捕まえるために捜査協力を求められた元犯罪者の男たち、特殊車両を駆使する敵に、勝負を挑むが.......ってな、おなじみのシリーズの第6弾?!

今回も心地よいエンジン音を轟かせて、ハイスピードでかっ飛ばしつつ、大暴れってね!(笑)

ノリノリの音楽をバックにして、カー・アクションに肉弾バトル、いろんなアクション“てんこ盛り”で、小気味いい流れが生み出すこの勢いは、なかなかのもんやったね。そんでもって、ただ走り回るだけやなく、話の中に友情や愛情、“家族”なんてものも織り込まれてて、これが結構、楽しめたりするんよなぁ!?

それぞれにキャラが出来上がってるところで、絶妙な絡みで笑いを取りつつ、熱いドラマが展開するあたり、思いのほか夢中になって観てもうたよ。まぁ、ところどころに、オイオイってツッコミを入れたくなるシーンもあったんやけど...........それも愛嬌ってことで?!(笑)

すでに『ソウ』の監督のジェームズ・ワンがメガフォンを取って製作することが決まってるシリーズ第7弾へのサプライズな演出も最後にあったりで、まだまだこの勢いは止まらんねぇ~♪

« 『ハングオーバー!!! 最後の反省会』 | トップページ | 『最高の人生のはじめ方』 »

映画」カテゴリの記事