« 『ハートボール』 | トップページ | 『愛について、ある土曜日の面会室』 »

2013年7月23日 (火)

『シグナル~月曜日のルカ~』

今日は、邦画をひとつ、ご紹介♪

この作品の監督さんは、仲 里依紗が主演して話題になった(その後、共演の男優と子供を作って結婚)実写版の時をかける少女を監督したひとなんよ。

でもって、主演の女優さんは、女性ファッション誌の専属モデルをやりつつ、今回、映画で初主演となったらしく、これから売り出していこうってことなんやろね。

というわけで、そんな作品の感想は...........?!

シグナル~月曜日のルカ~   ★★★☆☆   (2012年)

監督:谷口正晃

出演:三根 梓、西島隆弘、井上 順、宇津井 健、梅沢昌代、高良健吾、趣里、緑 友利恵、白石隼也、おかやまはじめ、宮田早苗

実家の近くにある映画館で夏の間バイトすることにした大学生の青年は、そこで映写技師をしている、ちょっとミステリアスな若い女性と出会う。ワケあって、3年もの間、その映画館から一歩も外に出ていない彼女だったが.........ってなお話?!

仕事を教わりながら、彼女のことが気になり、少しずつ距離を縮めようと頑張り.......ってな感じで、田舎の映画館での人間関係を描いてるんかな。

この作品で映画初主演となった女優の三根くんは、演技の方はさすがに褒められたもんやないんやけど、時折、カメラに向かって印象的な表情を見せるときがあり、なかなか雰囲気のある役どころやった。

そんな彼女の相手を務めるる西島くんは、いつも通りの“軽~い”演技を見せてくれて、リアリティには欠けるものの、逆に全体のバランスが取れてる感じで、まぁ、これはこれでアリかなぁって思わんでもなかったね。

ただ、作品の内容としては、ツッコミたくなるところが満載で、あまりにも安っぽいネタに、思わずオイオイってね?!(苦笑)

若手俳優の顔見せ作品としては、ボチボチな感じやけど、映画としての完成度としてはイマイチってとこかもなぁ..........。

« 『ハートボール』 | トップページ | 『愛について、ある土曜日の面会室』 »

映画」カテゴリの記事