« 『ひみつのアッコちゃん』 | トップページ | 『さよなら渓谷』 »

2013年7月27日 (土)

『バーニー/みんなが愛した殺人者』

今日は、劇場で公開中の作品のなかから、洋画をひとつ、ご紹介♪

この作品の監督をしてるリチャード・リンクレイターと主演のジャック・ブラックのコンビと言えば、あの痛快コメディの『スクール・オブ・ロック』やんね。暴走気味のジャックくんを、うまく遊ばせながら操ってた(?)作品は、見事やったよなぁ。

そんな二人に加え、今回は大女優のシャーリー・マクレーンも参戦し、ついでに最近、少し調子に乗ってる(?)マシューくんも付いてくるってことで、ちょっとワクワクしてみたんやけどねぇ.........。

というわけで、そんな作品の感想は...........?!

バーニー/みんなが愛した殺人者 / Bernie   ★★★☆☆   (2011年)

監督:リチャード・リンクレイター

出演:ジャック・ブラック、シャーリー・マクレーン、マシュー・マコノヒー、ブランドン・スミス、ブレイディ・コールマン、リック・ダイアル、リチャード・ロビショー

テキサスにある田舎町で葬儀社のアシスタントをする男は、誰にでも優しく、機知に富んでいて、みんなから信用され、愛されていた。そんな彼は、町一番の嫌われ者の未亡人と懇意になり、彼女の世話をするようになるが、ある日、彼は彼女を殺害してしまうのだが.......ってな、実際に起こった事件を基にしたドラマ?!

人殺しでありながら、町の人からは無罪とまで言われ、擁護される、そんな男に一体何が起こったのかを描いてるんよね。

主役がジャックくんと言うことで、彼の芸達者なキャラを前面に、どこかコミカルにってところが狙いやったんやろうけど、う~ん、ちょっと展開にキレがなかったかもね(苦笑)

いかに話に真実味を出すかってことで、実際の町の人たちのインタビューを間に挟み、主人公となってる男の人となりを出したかったんやろうけど、そのふたつのパートが上手くかみ合ってこなくて、どうも中途半端な感じになってもうてるんよなぁ。

心から愛される殺人者ってのはオモロイ話ではあるんやけど、映画の作品としては、イマイチな感じやったね?!(苦笑)

« 『ひみつのアッコちゃん』 | トップページ | 『さよなら渓谷』 »

映画」カテゴリの記事