« 『カルタヘナ~陽だまりの絆~』 | トップページ | 『マリー・アントワネットに別れをつげて』 »

2013年7月30日 (火)

『ミツコ感覚』

今日は、ちょっとクセのある邦画をひとつ、ご紹介♪

この作品の監督さんは、これが長編映画デビューになるらしいんやけど、CMディレクターとしては、それなりに有名なひとなんやって。代表的なところでは、ソフトバンクの白戸家のCMを手掛けてるらしく、ちょっと古いところでは、マイケル富岡のUFO仮面ヤキソバンとか、あのスーパー・モデルのナオミ・キャンベルを出演させて話題になったCMを作ったひとらしい(Wikipedia情報)。

舞台でも演出家として活躍してるらしく、今回の作品に出演してる人たちは、ハリウッド映画のヒロインとして抜擢された初音くんも含め、この監督さんが過去に演出した舞台の出演者が多いみたいやね。

というわけで、そんな作品の感想は..................?!

ミツコ感覚   ★★★☆☆   (2011年)

監督:山内ケンジ

出演:初音映莉子、石橋けい、古館寛治、三浦俊輔、山本裕子、永井若葉、菅原直樹、金谷真由美、金子岳憲

カメラマン志望の女の子は、ある日、家の近所の公園で写真を撮っているときに、写真雑誌の編集をしてるという、怪しい男に声をかけられる。つきまとう男から逃げようとしたときに、偶然、通りかかった姉とその不倫相手に出会うのだが........ってな、ふたり暮らしをしてる姉妹の日常を描いた.......コメディ(?)ドラマ?!

不倫相手である上司との結婚を決意した姉、将来のことで目標が持てずに迷う学生の妹、そんなうまくいかない人生に割り込んできた変な男、意味不明なタイトルの印象のとおり、なんとなくズレた姉妹の日常が展開するんよ。

コテコテのコメディなのかと思いきや、特に声を出して笑えるようなシーンはなく、どちらかというとシュールでイタイ感じの線を狙ってるんかな。

出だしから「これ、何やろなぁ.....」って思いながら観てたんやけど、まったくオモロくないかと言われると、そういうわけでもなく、意外と最後までたどり着けてまう、ちょっと不思議な作品やったね?!

まぁ、個人的な楽しみ方としては、最近、脇役で個性を発揮しまくってる古館くんのダメな中年サラリーマン役がツボやったなぁ......このヘタレ具合がアカンやろって思いながら、どこか共感(?)してもうたりして.........(苦笑)

« 『カルタヘナ~陽だまりの絆~』 | トップページ | 『マリー・アントワネットに別れをつげて』 »

映画」カテゴリの記事