« 『マーサ、あるいはマーシー・メイ』 | トップページ | 『ハゲ鷹と女医』 »

2013年8月 4日 (日)

『終戦のエンペラー』

今日は、日本を舞台にした日米合作映画をひとつ、ご紹介♪

コーヒーのCMで宇宙人役のジョーンズおじさんがマッカーサーを演じるってことで話題(?)の作品なわけやけど、それなりに期待をしてみつつ、TVの宣伝でデーブ・スペクターなんかにおススメされてもうたら、せっかくその気になってたのに、ちょっと引いてまうやんね(笑)

そんな少し後ろ向きになった気持ちを奮い立たせたのは、ちょっと前に病気で亡くなった夏八木さんが出演してるってところなんよ。正直に言うと、若い頃の演技って、あまり好きやなかったんやけど、年齢を重ねてからの存在感は、見事やった。独特の語り口や、雰囲気の出し方、なかなか上手く言葉では表現できんのやけど、彼にしかない個性っていうのが、存分に発揮できるようになった、そんなまさに“円熟”の時期やっただけに、少し早すぎる終わりは、ホンマに残念やったなぁって思う。

というわけで、そんなちょっと追悼の気持ちをもって観た作品の感想は.........?!

終戦のエンペラー / Emperor   ★★★☆☆   (2012年)

監督:ピーター・ウェーバー

出演:マシュー・フォックス、羽田昌義、トミー・リー・ジョーンズ、初音映莉子、西田敏行、夏八木 勲、中村雅俊、伊武雅刀、火野正平、桃井かおり、片岡孝太郎、コリン・モイ

終戦直後の日本に連合国軍最高司令官としてやって来たマッカーサーは、天皇を裁判にかけるかどうか判断するため、部下に天皇の戦争責任について調べるよう命じるのだが.........ってな、日本の未来を決めた歴史的な決断の裏側を描くドラマ?!

当時の日本を動かしていたのは誰か、その答えを探そうとするんやけど、調査は困難を極め、本国からの圧力やマッカーサーの野心、忘れられないひとりの女性への思いなんかも絡み......ってなことで、調査に当たる将校の目線で、運命の10日間を描いてるんよね。

アメリカ側から見た終戦直後の日本ってことで、どこまで真実が描かれてるのかは分からんけど、話としてはなかなか興味をそそられる内容やったかな。

日本側の配役でいうと、やっぱり西田くんはエエ味出してたし、夏八木くんの演技が見事で、味わい深いものがあったね。そんなキャスティングも含め、完全なハリウッド映画にならず、製作に日本人も加わってるところが、いい方向にでたのかも。

ただ、歴史的な出来事を題材にしていながら、ひとりの将校の目線で描いてるせいか、どうもスケール感に欠けてて、こじんまりした印象やったのが残念やった。

どこまでホンマかは分からんけど、日本の未来が日本をよく知り、日本人を理解しようとした者の手に委ねられたってことが、今日の日本を作り上げた重要な要因やったってことなんかもね........?!

« 『マーサ、あるいはマーシー・メイ』 | トップページ | 『ハゲ鷹と女医』 »

映画」カテゴリの記事