« 『逃走車』 | トップページ | 『ワールド・ウォー Z』 »

2013年8月23日 (金)

『江ノ島プリズム』

今日は、劇場で公開中の作品のなかから、邦画をひとつ、ご紹介♪

さすがに“江ノ島”ってタイトルにあるせいか、“ご当地映画”的な扱い(?)で、隣駅のシネコンで上映されてるこの映画なんやけど、てっきりB級映画で誰も観ないと思い、冷やかしで鑑賞してみるかってな気分で初日に行ったら、チケットがウリキレで観れんかったんよ(苦笑)

どうやら主演がNHKの朝ドラで人気になってるイケメンくんらしく、そこらへんが集客のポイントになってるんかもね。ちなみに、そんなイケメンくんは、仮面ライダーもやってたらしく、最近の売れる若手の出世コース(?)を歩んでるってことらしい。

でもって監督さんはというと、ちょっと前に紹介した『旅立ちの島唄 ~十五の春~』で注目の若手女優、三吉彩花くんを起用して、なかなかいい作品を作ってた吉田くんなんよね。

というわけで、そんな作品の感想は...........................?!

江ノ島プリズム   ★★★☆☆   (2013年)

監督:吉田康弘

出演:福士蒼太、野村周平、本田 翼、未来穂香、西田尚美、吉田 羊、赤間麻里子

幼なじみの親友が病気で死んだことに責任を感じてる青年は、ある日、偶然にも友人の死の前日にタイムスリップする。戸惑いながらも、何とか未来を変えようとする彼だったのだが..........ってな、“江ノ電”をフィーチャーした(?)青春ドラマ?!

あの時、もし、ああしなければ.......そんな過去をやり直そうと必死になる若者の様子を、男女3人の高校生のある一日を使って、ちょっぴり切なく描くってとこなんかな。

この作品、てっきりイケメンの若手俳優を売り込むための、ある種の“アイドル映画”かと思ったら、それほどチャラくもなかったね(笑)

ほどよく笑いを散りばめながら、青春の1ページをうまくネタにしつつ、甘酸っぱい瞬間を切り取ってた感じやった。

CMやらドラマでプッシュされまくりの本田くんのキュートさや、若者ふたりのイケメンぶりに注目が集まるところなんやろうけど、個人的には脇役で不思議な少女を演じてた未来くんの演技が印象的やったね。『映画 鈴木先生』でも頑張ってた彼女、ちょっと注目かも?!

タイムスリップものとしては、やっぱりツッコミたくなるところはあるものの、それでも作品全体としては、上手くまとまってるとは思う。ただ、少し最後が尻つぼみな感じがしてまうあたりが、もったいなかったかもねぇ.........?!

« 『逃走車』 | トップページ | 『ワールド・ウォー Z』 »

映画」カテゴリの記事