« 『ホワイトハウス・ダウン』 | トップページ | 『バルーンリレー』 »

2013年8月26日 (月)

『彼女に首ったけ!』

今日は、劇場未公開の作品をひとつ、ご紹介♪

この作品に出てるミーシャ・バートンと言えば、以前におススメしたリチャード・アッテンボロー監督の『あの日の指輪を待つきみへ』でキュートな魅力を振りまいてた、元モデルの女優さんなんよね。

実に安っぽい邦題やDVDのパッケージでは、見事なまでにミーシャ嬢がフィーチャーされてるんやけど、ぶっちゃけると彼女、この作品では主演ではないんよなぁ..........まぁ、売りにくいB級映画の販売戦略としては、常套手段ではあるんやけど(苦笑)

というわけで、そんなことにもメゲずに鑑賞した作品の感想は.......................?!

彼女に首ったけ! / Beauty And The Least: The Misadventures Of Ben Banks   ★★★☆☆   (2012年)

監督:ブライス・クラーク

出演:ベン・バンクス、キャサリン・タウン、ミーシャ・バートン、エミリー・モファット、マイケル・ホバート、キム・ホフマン、デヴィッド・サリヴァン、ブラッド・トーマス

幼なじみの友人たちとドラッグでキメて、なんとなく毎日を過ごしてた大学生の男は、卒業するために、情報提供のあったある案件を調べ、学生新聞に記事をかくことに。そんな彼は、毎朝、行きつけのコーヒーショップで会う店員の子に密かに好意を寄せるのだが..........ってな、ラブコメ&サスペンス??

無気力なダメ男が、ひとりの美しい女の子と出会い、悩みながらも自分で人生を切り開く、そんな爽やかさとロマンチックさを売りにしたかったんやろね。

残念ながら話の方はコテコテ過ぎて、B級臭が強すぎるために、もうひとつ盛り上がらんかったんやけど、それでもまぁ、ダメ男が頑張るってところには、なんとなく共感できないこともないし、それがミーシャ嬢みないたベッピンさんとハッピー・エンドとなると、こっちも妄想したくなるやんか?!(笑)

あと、この作品、音楽がなかなかエエんよね。Cloud Cultってバンド、全然知らんかったんやけど、なかなかエエ音ならしてて、そんな彼らの曲の雰囲気が、ちょっとセンチメンタルな映像にマッチしてたかな。

映画の作品としては、残念ながら“ボチボチ”の域を出ることはないんやけど、ナイスな音楽に出会えたのとミーシャ嬢の笑顔が見れただけで、個人的にはレンタルした価値はあったかも........なんて?!(笑)

« 『ホワイトハウス・ダウン』 | トップページ | 『バルーンリレー』 »

映画」カテゴリの記事