« 『リンカーン/秘密の書』 | トップページ | 『塀の中のジュリアス・シーザー』 »

2013年8月 9日 (金)

『映画 鈴木先生』

今日は邦画をひとつ、ご紹介♪

この作品、TV東京でやってたドラマの続編という形で映画化になったらしい。TV版の方は、ちょっと個性的な学園ものをやってるっていう噂は耳にしたんやけど、結局、時間が合わなかったりで、まったく見てないんよね。

主演の長谷川くんは、ちょうど同じ時期にNHKでも注目されて、そちらも『セカンドバージン』ってことで映画化されて、かなりブレイクしてたのは記憶にある。なんかプライベートでニュースになったりで、少し人気に陰りがあるような気もせんでもないけど、今年は園 子温監督の新作『地獄でなぜ悪い』にも主要キャストで出てるらしいし、また少し注目かも。

というわけで、そんな作品の感想は...........?!

映画 鈴木先生   ★★★☆☆   (2012年)

監督:河合勇人

出演:長谷川博己、臼田あさ美、風間俊介、土屋太鳳、田畑智子、富田靖子、でんでん、斉木しげる、北村匠海、未来穂香、藤原 薫、小野花梨、刈谷友衣子、工藤綾乃、窪田正孝

自らの教育理論を実践すべく、担任する2-Aのクラスを“実験教室”として生徒たちの指導をする教師だったが、生徒会を選ぶ選挙で教室に不穏な空気が........ってな、ちょっと異色な教師とそのクラスを描いた学園ドラマ?!

子供たちの能力や個性を見極めながら、教室をコントロールしようとするが、学校の内外には様々な問題があり、鈴木先生に危機が迫る......ってな感じで、TV版はまったく見てないんやけど、それなりに楽しめる学園ドラマやったね。

キャラ立ちした個性的な教師を主人公にしてるんやけど、主人公をヒーローとして描くんやなくて、下世話な妄想も含めて、ひとりの“男”としてるあたりが、かえってエエんかも。

そんな主役を演じる長谷川くんは、なるほど当たり役で、完全さと不完全さを併せ持つ、教師像ってのを上手く表現してたかな。

あと、脇にいる富田くんの適度なハジケ具合や、でんでんの存在感が良かったね。それに、個人的には風間くんの屈折具合が良かったなぁって思うんよ。あまり某事務所タレントを褒めるつもりはないんやけど、彼は真面目に演じることと向かい合ってる気がするね。

全体としては、一部かなり“ヤリすぎ”なところがあったりで、「さすが“テレ東クオリティ”やなぁっ(笑)」て思ったりもしたんやけど、この手の作品としては、悪くなかったかな!?

« 『リンカーン/秘密の書』 | トップページ | 『塀の中のジュリアス・シーザー』 »

映画」カテゴリの記事