« 『タイピスト!』 | トップページ | 『ザ・インベーダー』 »

2013年9月 1日 (日)

『スター・トレック イントゥー・ダークネス』

今日は、劇場で公開中の作品のなかから、話題作をひとつ、ご紹介♪

なかなかの人気やった前作『スター・トレック』から4年、ファン待望の第2弾の登場~ってとこなんかな。シネコンには、エンタープライズ号のユニフォームを揃いで着た“トレッキー”さんたちもいたりして、なかなかの盛り上がりやった(笑)

前作のときにも少し書いたんやけど、個人的にはスター・ウォーズ派やったんで、このシリーズには特に思い入れはないんやけど、前作もそれなりに楽しめたんで、少し期待してシネコンに向かったんやけどね。

というわけで、そんな作品の感想は.........................?!

スター・トレック イントゥー・ダークネス / Star Trek Into Darkness   ★★★☆☆   (2013年)

監督:J・J・エイブラムス

出演:クリス・パイン、ザカリー・クイント、ゾーイ・サルダナ、サイモン・ペッグ、ジョン・チョー、カール・アーバン、ベネディクト・カンバーバッチ、アリス・イヴ、ピーター・ウェラー、ブルース・グリーンウッド、アントン・イェルチン、ノエル・クラーク、クリス・ヘムズワース

何者かによって本部を襲撃された連邦軍は、クリンゴンが支配する惑星に逃げ込んだ犯人を追跡するため、エンタープライズ号を向かわせることに.......ってなSFアクションの新シリーズ第2弾?!

前作のメンバーが再登場し、若きクルーの宇宙での戦いを迫力の映像で........ってことなんやろうけど、なるほど監督さんが予告編でこだわりを熱く語ってるだけあって、映画館映えするビジュアルやったね。

ただ、それがイコール傑作になるかっていうと、スター・トレックそのものに思い入れがないせいなのか、そこまで作品としての“凄み”は感じられんのよなぁ(苦笑)

それでも、ひとつ言えることは、ベネディクト・カンバーバッチの存在感がハンパないってことかな。アクションでのキレもさることながら、ただ座ってるだけで、得体の知れない奥深さを感じさせて、なかなか見事な演技やった。

それと対照的に、主役のはずのクリスくんが、余りにも軽すぎて..........フッと口で吹くと飛んでいきそうな軽薄な演技に、思わず失笑してもうたよ(苦笑)

まぁ、“トレッキー”のみなさんから見てどう思うのかは分からんけど、主役がこのまま続投するようなら、ちょっとこのシリーズの限界が見えてまう、そんな作品やったかもね?!

« 『タイピスト!』 | トップページ | 『ザ・インベーダー』 »

映画」カテゴリの記事