« 『R-18文学賞vol.1 自縄自縛の私』 | トップページ | 『プレイ-獲物-』 »

2013年9月 4日 (水)

『ヒドゥン・フェイス』

今日は、スペイン映画をひとつ、ご紹介♪

この作品、注目は出演してる女優さんなんよ........って勝手に言い切ってもうてもエエんかいなって気もするんやけど、いや、そうなんやろう.....(笑)

スペイン映画といいつつ、コロンビアとの合作で、そのコロンビア側から出てるのが、若手女優のマルティナ・ガルシアってひとで、彼女、フランス人女優のソフィー・マルソーに似てるってことで、“コロンビアのソフィー・マルソー”って言われてるらしいんよ。

なるほど、そう言われてみればっていう気もせんでもないんやけど、そんな彼女と一緒に注目されてるクララ・ラゴは、マドリッド出身の女優さんなんやけど、どうやら10歳頃からすでに子役としてこの世界にいるらしく、ヨーロッパで注目の若手女優って言われてるんやって。

というわけで、そんな作品の感想は...................?!

ヒドゥン・フェイス / La Cara Oculta   ★★★☆☆   (2011年)

監督:アンドレス・バイス

出演:マルティナ・ガルシア、キム・グティエレス、アレクサンドラ・スチュワルト、クララ・ラゴ

ビデオメッセージで別れを告げて姿を消した恋人を忘れられず、苦しんでいた人気指揮者の男は、バーで働くひとりの女性と知り合い、やがてふたりは恋に落ちるのだが.........ってなサスペンスもの?!

目の前にいる若くて美しい彼女への思いと、忘れることのできないもうひとつの愛、苦悩する男だったが、元カノの失踪にはある秘密が.......ってなことで、ちょこっとヒネリを加えた男と女の愛憎劇ってとこなんかな。まぁ、アリガチな展開ではあるんやけど.........(苦笑)

なんて言いつつ、この作品の“オシ”は美女ふたりなわけで、そういう意味では、男心をくすぐるには十分やったかもね(笑)

話の構成の妙と、女の情念のようなものが上手く描かれてるあたり、作品としては工夫されてるし、案外、悪くなかったかも.......過度の期待は禁物やけど?!

« 『R-18文学賞vol.1 自縄自縛の私』 | トップページ | 『プレイ-獲物-』 »

映画」カテゴリの記事