« 『ミロクローゼ』 | トップページ | 『ラブ・トライアングル』 »

2013年9月18日 (水)

『オズ はじまりの戦い』

今日は、ディズニーの実写映画をひとつ、ご紹介♪

これ、ディズニー映画といっても、監督をしてるのは、あのサム・ライミなんよ。確かにスパイダーマンのシリーズもあったりするんやけど、どうしても“サム・ライミ”と言うと『死霊のはらわた』っていうイメージがあるもんやから、そんな彼がディズニーで作品を作るって聞くと、つい間髪を入れず“ホンマかいな?!”ってツッコミを入れてまうやんね(笑)

というわけで、旬の俳優を主役に、それを美女3人で囲むっていう、なかなか豪華なキャスティングで描かれるファンタジーのデキは..................?!

オズ はじまりの戦い / Oz: The Great And Powerful   ★★★☆☆   (2013年)

監督:サム・ライミ

出演:ジェームズ・フランコ、レイチェル・ワイズ、ミラ・クニス、ミシェル・ウィリアムズ、トニー・コックス、ビル・コッブス、(声の出演)ザック・ブラフ、ジョーイ・キング

女ったらしのサーカスの奇術師は、乗っていた気球が竜巻にのまれ、気づいたら別の世界に。魔女たちが対立するなか、預言にあった平和をもたらす救世主に間違えられた男は、美女と金に目がくらみ、救世主になりきろうとするのだが...........ってなファンタジー&アクション?!

気ままに生きてきた男が、困っている人たちの希望を背負い、一世一代の戦いに臨む.......ってな感じで、サム・ライミとディズニーの組み合わせってどないやのって思いながらも、案外、イケてたね(笑)

この作品、主役にジェームズくんを起用したところが、当たりやったんと違うかな。ちょっといい加減で無責任な色男っていう役どころを、これほど嫌味なく演じられるのは、彼ならではかもって思ってもうたよ。

まぁ、正直にいうと、アクション・シーンやVFXに関しては、ちょっと安っぽさが出すぎで、いかにもディズニーやなぁって苦笑いしてもうたんやけど、ファンタジーものとして見れば、話としては十分に楽しめるし、悪くなかったんと違うかな?!

« 『ミロクローゼ』 | トップページ | 『ラブ・トライアングル』 »

映画」カテゴリの記事