« 『エージェント・ハミルトン ~祖国を愛した男~』 | トップページ | 『ストロベリーナイト』 »

2013年9月12日 (木)

『エージェント・ハミルトン ~ベイルート救出大作戦~』

というわけで、続けて“ハミルトン”シリーズの第2弾をご紹介♪

実はこの“ハミルトンもの”は三部作になってるらしいんよね。3つめは、まだ作られてないみたいなんやけど、本国では人気になってるらしく、おそらく次も大丈夫.......かな?!

主演のミカエルくん情報でいうと、どうやらピーター・ジャクソンの“ホビット”の二作目と三作目に出演したらしく、もはや北欧だけやなく、世界的に認められる役者になりつつあるらしい。

というわけで、そんな彼が気合いを入れて暴れまわる作品の感想は.................?!(笑)

エージェント・ハミルトン ~ベイルート救出大作戦~ / Hamilton: Men Inte Om Det Galler Din Dotter   ★★★☆☆   (2012年)

監督:トビアス・ファルク

出演:ミカエル・パーシュブラント、サバ・ムバラク、スヴェン・アールストレム、フリーダ・ハルグレン、レンナルト・ユールストレム

テロリストによる要人暗殺を阻止したことで、逆に標的となり、親友の幼い娘が拉致される。子どもを救い出すため、仲間とともに困難なミッションに挑むことに........ってな、スウェーデンのスパイ・アクションの第2弾?!

今回も悲しみを背負った腕利き諜報員として、どこか哀愁を漂わせながら、主演のミカエルくんが、とっても渋~くキメてくれるんよ(笑)

でもって、話の方はというと、お決まりのイスラム系テロリストにSASにMI6、そしてCIAやらが絡んで、政治の裏側でうごめく闇を描きってな感じで、なかなか目が離せないスリリングさやったね?!

まぁ、ちょっとヤリすぎにも思えるんやけど、ムチャクチャ違和感があるほどではなく、コンパクトにテンポよく展開する流れは、むしろ悪くないんと違うかな。

北欧ってことで(?)生真面目さが前面に出てて、かなりクールな主人公は、007に比べると地味かもしれんけど、むしろそこが良心的やったりして。

三部作ということで、来年あたりに作られるって噂の第3弾も、それなりに期待できるかなぁ..........?!

« 『エージェント・ハミルトン ~祖国を愛した男~』 | トップページ | 『ストロベリーナイト』 »

映画」カテゴリの記事