« 『アルバート氏の人生』 | トップページ | 『そして父になる』 »

2013年10月10日 (木)

『ブレイクアウト』

今日は、洋画のサスペンスものをひとつ、ご紹介♪

つい最近、あろうことか“ポニーテール姿”を激写されたなんてことが芸能ニュースに出てた、“ハゲの大将”ことニコラスくんが主演の作品なんよ。どうやら、ことの真相はヤケになって植毛しすぎてポニーテールになったわけやなくて、新作の役作りの一環ってことらしいんやけどね(笑)

そんなニコラスくんとニコール・キッドマンの組み合わせってのは、過去にどっかで一緒にやってそうにも思うんやけど、意外(?)なことに、実はこれが初めてってことらしい。

というわけで、そんな二人が繰り広げるサスペンスのデキ映えは.................?!

ブレイクアウト / Trespass   ★★★☆☆   (2011年)

監督:ジョエル・シューマカー

出演:ニコラス・ケイジ、ニコール・キッドマン、ベン・メンデルソーン、リアナ・リベラト、カム・ジカンデイ、エミリー・ミード、ジョルダーナ・スパイロ、ダッシュ・ミホク

宝石商を営む男の家に押し入った強盗は、宝石と現金の入った金庫を開けるように迫るが、人質となった妻と娘に銃を向けられても、男は頑なに拒否するのだが........ってなクライム・サスペンス?!

金持ちの一家を襲った突然の危機、果たして男は家族を守れるかってなことで、なかなかスリリングでヒネリの利いた話が展開するんよね。

単に犯人との対決ってだけやなくて、夫婦の関係や犯人グループのなかの人間関係、そこに男と女の関係も盛り込んで、なかなか複雑に人物設定がなされてるところがオモロかった。

まぁ、ニコラスくんの、“ちょっと胡散臭い宝石商”って役どころも妙にハマってたし(笑)

ただ、いろいろとヒネって、ヒネリすぎたのか、少し設定にズレがあるようで、スッキリめでたしと行かないところが惜しかったかな。

あと、この作品の原題は“不法侵入”ってことで、その通りの内容になってるんやけど、それがなぜか“脱走”になってもうたこの邦題.............何が言いたかったんやろ................(苦笑)

« 『アルバート氏の人生』 | トップページ | 『そして父になる』 »

映画」カテゴリの記事