« 『どんずまり便器』 | トップページ | 『ザ・チャンプ 伝説のファイター』 »

2013年10月16日 (水)

『愛とセックスとセレブリティ』

今日は、ちょっとナンパな恋愛もの(?)をひとつ、ご紹介♪

“ナンパもの”の主役を演じてるのがアシュトン・カッチャーってことで、あのデミ・ムーアと歳の差婚で5年ちょっと夫婦となり、数年前に浮気が原因だかなんだかで別れたのを思い出し、“なんや地で演じてんのか”ってツッコミを入れてもたりして(笑)

そんな作品を監督してるのは、デヴィッド・マッケンジーってスコットランド出身のひとで、これまでいくつかの作品を観た印象としては、ユアン・マクレガー主演の『パーフェクト・センス』は案外楽しめたんやけど、初期の作品は、ちょっとキワもの臭が強すぎて、個人的にはNGやったんよなぁ。

というわけで、そんな作品の感想は..................?!

愛とセックスとセレブリティ / Spread   ★★☆☆☆   (2009年)

監督:デヴィッド・マッケンジー

出演:アシュトン・カッチャー、アン・ヘッシュ、セバスチャン・スタン、マルガリータ・レヴィエヴァ、レイチェル・ブランチャード、ソーニャ・ロックウェル、マリア・コンチータ・アロンゾ、アシュレイ・ジョンソン

仕事もせずに、ナンパした相手の家に転がりこんで暮らしている男は、ある日、ウェイトレスをするひとりの女性と出会い、恋をするのだが、冷たくあしらわれ.......ってな恋愛ドラマ?!

整った容姿を武器に、世の中を適当に渡って来たイケメンの男が、初めて本気で惚れた女。しかし、いつものように上手くいかず、付きあってた女と別れて彼女のことを追いかけるが........ってな感じの、“ナンパな男のピュアな恋愛ドラマ”ってなとこか??

う~ん、なんなんやろ、このどうでもエエ感じと、さっぱり共感のできない気分ってやつは(苦笑)

結局のところ、チャラすぎる主人公のキャラに、それってどうでもエエやろうって思ってまうと、もう話そのものがどうでもよくなってくるってね。

確かに女優陣もそこそこキレイどころが出てきて、男心をくすぐるようなエロ描写もあるんやけど、“チャラ男くんの恋の挫折と再生”って言われても、そんなんは悶々と暮らすオヤジにとっては、勝手にしたらエエやんかぐらいの感想しか出てこんのよなぁ...........?!(苦笑)

« 『どんずまり便器』 | トップページ | 『ザ・チャンプ 伝説のファイター』 »

それ、ちょっと...」カテゴリの記事