« 『チャット ~罠に堕ちた美少女~』 | トップページ | 『愛とセックスとセレブリティ』 »

2013年10月15日 (火)

『どんずまり便器』

今日は、マイナーな邦画をひとつ、ご紹介♪

この作品、ゆうばり国際ファンタスティック映画祭で話題になったらしく、主演の菜葉菜くんは、この作品での演技で同映画祭の主演女優賞に輝いたんやって。

この菜葉菜って女優さん、最近、ちょくちょくと名前を見かけるんやけど、そのちょっと個性的な風貌もあってか、映画だけやなくTVドラマなんかでも重宝されてるみたいやね。かつて、あの“B級映画の巨匠”こと井口 昇 監督の名作(迷作?)『片腕マシンガール』なんかにも出演してたんよ。

というわけで、そんな作品の感想は....................?!

どんずまり便器   ★★★☆☆   (2012年)

監督:小栗はるひ

出演:菜葉菜、中村邦晃、菅田 俊、菅原佳子、宇野祥平、菅原佳子

刑務所から出てきたばかりの女は、かつてのように姉弟で仲良く一緒に暮らそうと家に戻ってきたが、そこには弟の彼女が同居しており、苛立ちを隠せない姉は、弟の彼女に辛く当たるのだが.........ってな、歪んだ姉弟の関係を描いたドラマ?!

子供の頃に両親を亡くし、それ以来、ふたりで生きてきた姉弟には、他人に言えない秘密があり、過去にがんじがらめの彼らの間には、ちょっと普通とは違う、オカシな関係があり.....ってな感じで、何となく“痛い”話が展開するんよ。

どこか大人になれない姉と、そんな姉を突き離せない弟、微妙な距離感が緊迫感をもって描かれてたかな。

いかにもな映像で、まさにインディーズ臭がプンプンする作品なわけやけど、過激な映像で人目をひくだけのモノかと思いきや、意外と丁寧に心理描写をしてる感じやったね。

まぁ、B級であることに違いはないんやけど、そんな中でも、“次”を感じさせるデキやったかも??

« 『チャット ~罠に堕ちた美少女~』 | トップページ | 『愛とセックスとセレブリティ』 »

映画」カテゴリの記事