« 『許されざる者』 | トップページ | 『君の好きなうた』 »

2013年10月 7日 (月)

『サブマリン』

今日は、ちょっと個性的なイギリス映画をひとつ、ご紹介♪

イギリス映画といいながら、実はベン・スティラーが製作に加わってるらしく、そうなるとアホでグタグタなハリウッド調のコメディになってるのかと思ったら、幸い(?)にも、イギリスらしさの出てるコメディやった。

監督さんは、もともと俳優としてTVドラマで活躍してたらしいんやけど、監督としては、これが初めての長編作品になるんやって。でもって、そんな処女作は、英国アカデミー賞の新人監督賞にノミネートされたらしく、なかなか注目されてるみたいやね。

というわけで、そんな未来の巨匠(?)の作品の感想は.....................?!

サブマリン / Submarine   ★★★☆☆   (2010年)

監督:リチャード・アイオアディ

出演:クレイグ・ロバーツ、ヤスミン・ペイジ、ノア・テイラー、パディ・コンシダイン、サリー・ホーキンス、ダレン・エヴァンス

現実から逃避し、自分が死んだ後のみんなのリアクションを妄想する、ちょっと変わった少年は、クラスの気になる彼女に近づき、彼氏になろうとするのだが.........ってな、多感な10代の日常をエキセントリックに描いたドラマ?!

冴えない男の子が恋をした相手は、ちょっと風変わりな女の子。なかなか上手くいかない恋の悩みに加え、どうやら両親の関係が危ういようで........ってな感じで、恋愛やら家族関係に問題を抱えた少年の奮闘ぶりを、オフビートに追いかけるんよね。

美少年もキュートな恋の相手も出てこない、どうにも華のない登場人物たちなんやけど、その少しズレたクスミ具合が、なんとも言えない雰囲気を作ってるんよなぁ。

屈折した少年の青春の日々は、ちょっぴり甘酸っぱく、時折“イタイ”、そんな個性的なドラマは、終わってみると、どこか清々しく、美しかったりして............なんや、よう分からんね?!(笑)

« 『許されざる者』 | トップページ | 『君の好きなうた』 »

映画」カテゴリの記事