« 『気狂いピエロの決闘』 | トップページ | 『晴れ、ときどきリリー』 »

2013年10月 1日 (火)

『できる子の証明』

今日は、ちょっとクダラない邦画をひとつ、ご紹介♪

これ、作品の公式ホームページの監督さんのコメントに“どうしようもない人たちが、どうしようもない事ばかりやってる映画”ってあるんやけど、ホンマに“どうしようもない”作品やったよ(苦笑)

それでも、この監督さんは、短編映画で日本国内はもとより、海外でも賞を受賞したりして、なかなか期待されてるひとらしいんよね。

というわけで、そんな作品の感想は...................?!

できる子の証明   ★★☆☆☆   (2013年)

監督:原田裕司

出演:相田淑見、徳井 唯、武田尚弘、松田祥一、寺十 吾

同棲中の彼氏に堂々と浮気され、そんな彼のためにタバコを万引きしたことで、バイト先のコンビニの店長に襲われ、生きる気力を失った彼女は、橋から飛び降りようとするのだが........ってな............エロ・コメディ??

何をやってもダメダメな女の子が、同じようにダメな人生を送りながら、どこか一生懸命なひとたちと出会い、なんとか前に進もうとするってなとこなんかな。

まぁ、この作品の目指すところは、エロとコメディの融合なんやろうけど、低予算で作られてる(と思われる)だけに、役者の演技も含めて、ちょっとグタグタ感が半端なかったね。

ネタがネタだけに、ジメっとせずにイタイひとたちを真正面からイタク描いてるところは、好感もてるかも........なんて言いつつ、そんな風に真面目にフォローして語ってみるほどのシロモノでもないよなぁ...........って思ったりもして.....................?!(苦笑)

« 『気狂いピエロの決闘』 | トップページ | 『晴れ、ときどきリリー』 »

それ、ちょっと...」カテゴリの記事