« 『ラスト・アサシン』 | トップページ | 『ファインド・アウト』 »

2013年11月12日 (火)

『MOON DREAM ムーン・ドリーム』

今日は、ちょっと異色(?)の邦画をひとつ、ご紹介♪

いや、別に作品の内容が個性的って意味での“異色”なわけやなく、あのタレントのボビー・オロゴンが監督してるってところが“異色”ってことなんよ。

しかも、監督だけやなくて、脚本も書いたってことらしく、どうやら来日してからの自身の体験なんかを盛り込んだ話になってるんやって。演技の方はというと、ちょこっと調べたら、釣りバカ日誌に出演したこともあるらしく、いろいろと頑張ってるみたいやね。

というわけで、そんな作品の感想は........................?!

MOON DREAM ムーン・ドリーム   ★★★☆☆   (2013年)

監督:近田ボビー

出演:ボビー・オロゴン、南沢奈央、六平直政、星野ルネ、マリエム・マサリ、セイン・カミュ、ダンテ・カーヴァー、ベルナール・アッカ、野村将希、ガッツ石松、布川敏和、中尾 彬、ワッキー

ナイジェリアから日本にやって来た青年は、空港からのバスの中にカバンを置き忘れたことで、偶然知り合った女の子にひと目惚れするのだが..........ってな、“ジャパニーズ・ドリーム”を追いかけてやって来た男の奮闘を描くってね?!

言葉も分からず、戸惑いながらも、なんとか頑張る主人公の姿を描きつつ、裏社会で暗躍する外国人の話を絡めてってな感じで、監督&脚本&主演のボビーくん、大活躍やったね。

まぁ、正直に言うと、映像にしろ、話の展開にしろ、素人っぽさ満点で、かなり“たどたどしい”んやけど、それでもボビーくんの人柄が出てるのか、南沢くんがキュートやからなのか、不思議と観れてしまう、そんな作品やった(笑)

ラブ・ストーリーにサスペンス、人情ドラマにコメディ、そしてアクションまで、いろいろと欲張りすぎな感じではあるんやけど、“頑張れボビー♪”ってことで、これはこれでエエんと違うかな?!

« 『ラスト・アサシン』 | トップページ | 『ファインド・アウト』 »

映画」カテゴリの記事