« 『しあわせカモン』 | トップページ | 『アンディフィーテッド 栄光の勝利』 »

2013年11月20日 (水)

『よりよき人生』

今日は、フレンチな人生ドラマをひとつ、ご紹介♪

監督のセドリック・カーンってひとは、フランス人の監督さんなんやけど、『ロベルト・スッコ』『チャーリーとパパの飛行機』なんて作品を観たことがあって、他の監督さんなんかと少し違った視点を持ってる感じではあるんやけど、作品としては、もう一息な印象なんよね。

主演のギョーム・カネは、フランスでは人気の(?)イケメン俳優で、ダイアン・クルーガーと離婚し、マリオン・コティヤールと付き合って、子供も作ってるっていう、とっても羨ましい私生活を送ってるヤツなんよ(笑)

これまでも『恋と愛の測り方』『フェアウェル さらば、哀しみのスパイ』『プレイヤー』といった出演作を取り上げてるんやけど、監督としても、ちょっと前に紹介した『唇を閉ざせ』って作品で、キラリと輝く才能を見せてくれてるんよなぁ。

というわけで、そんな作品の感想は....................?!

よりよき人生 / Une Vie Meilleure   ★★★☆☆   (2011年)

監督:セドリック・カーン

出演:ギョーム・カネ、レイラ・ベクティ、スリマン・ケタビ、ブリジット・シィ

シェフとしてレストランで働こうと職探しをしていた男は、ある店で出会った女性と恋に落ちる。シングルマザーの彼女には9歳の息子がおり、たまたま3人で行った湖畔で見つけた空き物件が気に入り、そこに自分たちのレストランを開こうと決意するのだが..........ってなドラマ?!

夢の実現のために、銀行から融資を受け、すべては上手く行くはずが、ムリな計画で歯車が狂い、窮地に追い込まれ........って、なんともビターな人生ドラマが展開するんよ。

そんな中で、ボロボロになりながらも夢にしがみつこうとする男を、ギョームくんが熱演してたかな。相手役のレイラ嬢も、なかなかセクシーやったしね。

単純な一発逆転のハッピーエンドにせずに、悲惨さのなかに微かな希望を描くあたりは、むしろ良心的なのかも。ただ、話の流れ上、どうしても地味でドンヨリな雰囲気にはなってまうよなぁ..............?!(苦笑)

« 『しあわせカモン』 | トップページ | 『アンディフィーテッド 栄光の勝利』 »

映画」カテゴリの記事