« 『体温』 | トップページ | 『スタンリーのお弁当箱』 »

2013年12月18日 (水)

『One Night, One Love/ワンナイト、ワンラブ』

今日は、音楽ものの洋画をひとつ、ご紹介♪

この作品の監督をしてるデヴィッド・マッケンジーってひと、日本で最初に公開されたユアン・マクレガー主演の『猟人日記』って作品が、ちょっと病んだ感じでイマイチで、先日紹介したアシュトン・カッチャー主演の『愛とセックスとセレブリティ』ってのでも引いてもうたもんやから、ちょっとセンスが違うかんぁって気はしてたんやけど、音楽ものならってことで、試してみたんよ。

実際にスコットランドで開催されてる“T・イン・ザ・パーク”っていう野外フェスで撮影が行われてるってことらしく、リアルな雰囲気のなかで、気合いをいれて作られた(?)作品ってことらしい。

そんな作品の感想は..........................?!

One Night, One Love/ワンナイト、ワンラブ / You Instead   ★★★☆☆   (2011年)

監督:デヴィッド・マッケンジー

出演:ルーク・トレッダウェイ、ナタリア・テナ、マシュー・ベイントン、アラステア・マッケンジー、ギャヴィン・ミッチェル、ニュートン・フォークナー、ジョー・マンゴー、ソフィー・ウー、ルタ・ゲドミンタス

スコットランドの野外フェスに参加した2人組バンドのボーカルの男と、ガールズバンドのボーカルの女は、口論しているときに、ひょんなキッカケで手錠でつながれてしまう。何とか手錠をはずそうとするも上手く行かず、喧嘩しながらも、ふたりは一緒に行動することに........ってな、恋愛ドラマ?!

どうにもならない状況で、仕方なく一緒にいなければならないふたり、しかし、時間が経つうちに心の距離も縮まり..........ってな感じで、音楽イベントを舞台に、小粋な恋の話が展開するんよね。

何がいいって、実際のイベントで撮影してるってことで、Newton FaulknerやThe Proclaimers、The Viewなんかのステージの様子が楽しめるんよ。音楽にこだわってるみたいで、主演ふたりのステージ上でのコラボも絶妙やったしね。

多少、途中で中だるみな感はあったんやけど、心地よく音楽に合わせて頭をフリフリして、小粒ながらどこか清々しさのあるロマンチック(?)な恋愛ドラマを楽しむってのも、なかなかオツなもんやよね♪

« 『体温』 | トップページ | 『スタンリーのお弁当箱』 »

映画」カテゴリの記事