« 『REDリターンズ』 | トップページ | 『オンディーヌ 海辺の恋人』 »

2013年12月15日 (日)

『キャプテン・フィリップス』

今日は、劇場で公開中の作品のなかから、トム・ハンクス主演の話題作を、ご紹介♪

この作品、なんやスコぶる評判がエエんよなぁ。本国アメリカでも大ヒットで、すでに興収が1億ドルを超えてるんやって。まぁ、この内容の映画で、なんで3D上映してるのかは少々理解できないところではあるんやけど、すでにアカデミー賞ノミネート確実なんて噂を耳にすると、ちょっとハズすワケにはいかんよね!?

実は、個人的に、若い頃に港でコンテナ船の荷役監督の仕事をしてたことがあって、話の内容にどこか親近感を覚えてるんよ......って、いや、別に東京港で海賊行為をしてたってわけやないんやけど(苦笑)

というわけで、そんな作品の感想は....................?!

キャプテン・フィリップス / Captain Phillips   ★★★★   (2013年)

監督:ポール・グリーングラス

出演:トム・ハンクス、バーカッド・アブディ、バーカッド・アブディラマン、マイケル・チャーナス、ファイサル・アメッド、マハト・M・アリ、コーリイ・ジョンソン、クリス・マルケイ、キャサリン・キーナー、ユル・ヴァスケス、マックス・マーティーニ

ソマリア沖を航行中に武装した4人組に襲撃されたコンテナ船の船長は、乗組員の身の安全を確保しようと、必死の抵抗をするのだが...........ってな、実際に起こった出来事を基にしたドラマ?!

船長は、銃を突き付けられながらも、何とか状況を打開しようと手を尽くすが、ひとり囚われの身となり.......ってなことで、海賊との息の詰まるやり取りをリアルに再現してるんよね。

この作品、なにが見事かって、海賊の出現から事件の解決まで、一定の緊迫感を保ちながら、スリリングに話が展開していくんよなぁ。2時間を超える尺でありながら、事件の成り行きに釘付けにされるために、長さを感じてる余裕すらないくらいに、グイグイと引っ張られてもうた。

海賊を単に悪役として描くんやなくて、彼らにもバックグラウンドがあるってことをさりげなく表現してるあたりに、物語のリアリティが生まれてるのかも。

そんでもって、主人公を演じるトムくんは、前半は抑え気味の演技やったんやけど、後半にかけての感情表現は、さすがに上手いなぁって思ったよ。

というわけで、極限状態のなか、命がけで抵抗した実在の船長の話は、とっても良質な実録ドラマに仕上がってたね!?

« 『REDリターンズ』 | トップページ | 『オンディーヌ 海辺の恋人』 »

お・ス・ス・メ!」カテゴリの記事