« 『あんてるさんの花』 | トップページ | 『ビトレイヤー』 »

2013年12月25日 (水)

『21ジャンプストリート』

今日は、劇場未公開の作品ながら、本国アメリカでは話題になった(らしい)作品をひとつ、ご紹介♪

この作品、劇場公開にならなかったくらいやから、日本ではほとんど注目されなかったわけなんやけど、アメリカでは興収が100億ドルを超えるヒットになったらしい。

そんな作品は、噂によるとジェニファー・ローレンスやジュノー・テンプルといった人気の若手女優なんかもオーディションに参加したとか、しないとか.........?!

ヒットに気をよくしたのか、すでに続編は撮影が終了してて、その名も“22 Jump Street”ってタイトルで来年の6月に全米で公開される予定なんやって。

というわけで、そんな作品の感想は......................?!

21ジャンプストリート / 21 Jump Street   ★★★☆☆   (2012年)

監督:フィル・ロード、クリストファー・ミラー

出演:ジョナ・ヒル、チャニング・テイタム、ブリー・ラーソン、アイス・キューブ、デイヴ・フランコ、ロブ・リグル、ジョニー・デップ

冴えない高校生活を送っていたマジメな男と、そんな彼を笑いものにしてたイケメン男、卒業したふたりは警察学校の同期となり、やがて親友となる。そんな彼らは、捜査でヘマをしたことで、潜入捜査をする部署に飛ばされ、高校生になりすまして学内の麻薬取引を捜査することになるのだが.........ってなコメディ?!

久しぶりに学生に戻ってみると、なぜかダメ男が人気者になり.......ってな感じで、ワルノリぎみのハチャメチャな捜査で笑いを取りつつ、男同士の友情をサラリと描くってとこなんかな。

まぁ、どうってことのないドタバタ刑事&学園ドラマなんやけど、適度に締めるところは締めて、それでいて嫌味のない“軽さ”で、案外楽しめるんよ。

キャスティングも主演のふたりの程よい距離感と掛け合いに、ちょっと気になる若手を絡め、オマケで豪華にシメるってあたりのバランスがなかなかエエんかも。

それにしても.......アイス・キューブは、もはやラッパーのイメージよりも俳優の方がメインになってもうたみたいやねぇ..........?!

« 『あんてるさんの花』 | トップページ | 『ビトレイヤー』 »

映画」カテゴリの記事