« 『キャプテン・フィリップス』 | トップページ | 『体温』 »

2013年12月16日 (月)

『オンディーヌ 海辺の恋人』

今日は、劇場未公開の作品のなかから、アイルランド映画をひとつ、ご紹介♪

監督のニール・ジョーダンと言えば、やっぱり90年代前半の『クライング・ゲーム』かな。その後の『インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア』が人気絶頂のトム・クルーズとブラット・ピット共演ってことで、かなり話題になったっけ。まぁ、個人的にはオイオイって思いっきりツッコミを入れてもうた作品やったんやけど.........(苦笑)

ヴァンパイア好きなのか、ちょっと前にジェマ・アータートン&シアーシャ・ローナン共演の『ビザンチウム』ってのでもヴァインパイアものをやってたやんね。

というわけで、そんな監督さんの、ヴァインパイアの出てこない作品の感想は..................?!

オンディーヌ 海辺の恋人 / Ondine   ★★★☆☆   (2009年)

監督:二―ル・ジョーダン

出演:コリン・ファレル、アリシア・バックレーダ、アリソン・バリー、トニー・カラン、デヴラ・カーワン、スティーヴン・レイ、エミール・ホスティナ

アイルランドの小さな田舎町で漁師をしている男は、ある日、引き上げた網に若い女性が引っかかっているのを発見する。息を吹き返した謎の女は、病院に行くことを拒否し、人目を嫌う彼女を、男は町から離れた海辺にある、死んだ母親の住んでいた小屋にかくまうのだが.........ってな恋愛ドラマ?!

元アル中の冴えない人生を送る男が、彼女と出会ってから幸運を手にすることになり、次第に彼女が海の妖精だと思いこむが.......ってな感じで、ちょっとエキセントリックな設定で引っ張りつつ、サスペンスのエッセンスを混ぜながら、ちょっと風変わりなドラマが展開するんよね。

最近は、すっかり演技派になりつつあるコリンくんの安定したパフォーマンスと、程よく小生意気な子役の効果的な存在、そんでもってミステリアスなヒロインを演じたアリシアくんと、まぁ、地味な感じではあるんやけど、悪くないキャスティングやっし、そんな手駒を使って、上手く話をまとめ上げた監督のセンスも、なかなか悪くなかったかな。

それなりにロマンチックで、切なさや熱い想いが描かれる恋愛ドラマは、派手さはないものの、良心的な質に仕上がってるんとちがうかな?!

« 『キャプテン・フィリップス』 | トップページ | 『体温』 »

映画」カテゴリの記事