« 『「わたし」の人生 我が命のタンゴ』 | トップページ | 『10人の泥棒たち』 »

2014年1月 8日 (水)

『インシディアス』

まだ正月気分も抜けきらん寒い冬に、わざわざホラーで寒くならんでもって思いつつ、今日は怖いめのやつをひとつ、ご紹介♪(笑)

この作品、『ソウ』 meets 『パラノーマル・アクティビティ』ってことらしく、前者を作ったジェームズ・ワン&リー・ワネルの監督・脚本家コンビに、後者の監督・脚本のオーレン・ぺりが製作に加わった話題作なんやって。

これ、約1億5千万ほどの比較的低予算で作られたらしいんやけど、それがアメリカだけで約50億の興収を上げたんやって。当然気をよくした関係者は続編を製作し、昨年末に公開されたアメリカでは、これまた80億円の興収になったみたいで、その作品が間もなく日本で公開されるんよね。

というわけで、そんな作品の感想は...............................?!

インシディアス / Insidious   ★★★★   (2010年)

監督:ジェームズ・ワン

出演:パトリック・ウィルソン、ローズ・バーン、タイ・シンプキンス、バーバラ・ハーシー、リン・シェイ、アンドリュー・アスター、リー・ワネル、アンガス・サンプソン

3人の子どもを育てる若い夫婦は、大きな家に引っ越してきたのだが、おかしな物音や声を聞くようになる。やがて長男が原因不明のまま意識不明となり、家に問題があると思った夫婦は別の場所に移る決心をするのだが..........ってなホラー?!

前半は実にオーソドックスな“家系”ホラーで、小道具を駆使しながら恐怖を煽ってくれるんよ。なんせ、もともとホラーは得意やないもんやから、イチイチ反応してもうて.......(笑)

そこから後半にかけて路線変更してファンタジー調になったときには、思わずオイオイってツッコミを入れてもうたんやけど、最後の最後までキッチリと攻めの姿勢を崩さないあたりは、さすがジェームズ・ワンやなぁって感心してもうた!?

ホラー・マニアの評価がどんなもんかは分からんけど、この手のものをそれほど見慣れてない者からしたら、後を引く怖さで、張り詰めたテンションは見事やったと思うんやけどね。

というわけで、傑作とまでは言わないまでも、ホラー作品としては十分おススメできるかな?!

« 『「わたし」の人生 我が命のタンゴ』 | トップページ | 『10人の泥棒たち』 »

お・ス・ス・メ!」カテゴリの記事