« 『夢の向こう側~ROAD LESS TRAVELED』 | トップページ | 『団塊ボーイズ』 »

2014年1月 3日 (金)

『遠くでずっとそばにいる』

今日は邦画をひとつ、ご紹介♪

この作品、監督の長澤くんは、以前に紹介した『天国はまだ遠く』ってのを作ったひとで、そのときに主役を務めてたチュートリアルの徳井くんも、役者としてチョイ役で出演してるんよ。

でもって、これ、音楽を作ってるのが岩井俊二で、自分の監督する作品以外で音楽を作ったのは、これが初めてってことらしく、そんなところにも注目が集まってたんやって。

というわけで、そんな作品の感想は..........................?!

遠くでずっとそばにいる   ★★★☆☆   (2013年)

監督:長澤雅彦

出演:倉科カナ、中野裕太、伽奈、清水くるみ、岡田奈々、六角精児、徳井義実、朝倉えりか、大間ジロー、藤澤恵麻

交通事故の後遺症で17歳からの10年間の記憶がそっくり消えてしまった女の子は、ちょっぴり戸惑いながらも、高校生の頃に戻った気分で毎日を楽しんでいた。そんな彼女は、彼氏や高校時代からの親友の手を借りて、失った10年の記憶を取り戻そうとするのだが.......ってなお話?!

過去をなくしたことで手にする自由と、失った時間のなかに隠された忘れてはいけない大切な想い、そんなものを描きながら、ちょっと切ない恋の話が展開するんよ。

この作品、前半のコミカルな感じから、後半のセンチメンタルな流れへ、上手くリズムを変えてくるあたりがエエんよね!?

そんな作品で主演を務める倉科くんは、無邪気な明るさと悲しみに暮れた切ない女心を使い分け、なかなか絶妙に役にハマってたんと違うかな。

音楽を担当した岩井俊二のさりげない“音の演出”もあったりして、小粒なデキではあるものの、そっと心に響くラブ・ストーリーに仕上がってたと思うんよ。どことなく謎かけのようなタイトルも、観終わってみると妙に納得できるしね。

しかし、忘れたい過去と忘れられない想い............ちょっと考えてもうたなぁ................?!(笑)

« 『夢の向こう側~ROAD LESS TRAVELED』 | トップページ | 『団塊ボーイズ』 »

映画」カテゴリの記事