« 『小さいおうち』 | トップページ | 『ウルフ・オブ・ウォールストリート』 »

2014年2月 8日 (土)

『アメリカン・ハッスル』

いよいよ本年度の賞レースもクライマックスが近づいてきたなぁ............ということで、今日は、そんなアカデミー賞で10部門においてノミネートを受けてる注目の作品を、ご紹介♪

監督のデヴィッド・O・ラッセルくんは、昨年の『世界にひとつのプレイブック』に続いての監督賞のノミネートで、その前の『ファイター』と併せて、3作連続でのアカデミー賞ノミネートってことで、すっかり常連さんになってるらしい(笑)

主要キャスト4人も、すでに前作と前々作で監督さんとタッグを組んでいて、チョイ役で出演のデ・ニーロも、おそらく前作の父親役が縁での友情出演のような形なんやろね。

というわけで、そんな作品の感想は.......................?!

アメリカン・ハッスル / American Hustle   ★★★☆☆   (2013年)

監督:デヴィッド・O・ラッセル

出演:クリスチャン・ベイル、エイミー・アダムス、ブラッドリー・クーパー、ジェレミー・レナー、ジェニファー・ローレンス、マイケル・ペーニャ、アレッサンドロ・ニヴォラ、シェー・ウィガム、ロバート・デ・ニーロ、ジャック・ヒューストン

美しい愛人をパートナーに詐欺を繰り返して稼いでいた天才的な詐欺師の男は、ある日、FBIの囮捜査に引っかかり、愛人が逮捕されてしまう。司法取引で他の詐欺師の逮捕に協力したら減刑すると言われ、仕方なく捜査に協力することになるのだが............ってなクライム・サスペンス?!

更なる大物を逮捕するために、天才詐欺師が仕掛けたワナにかかったのは、人気の若手政治家と、利権に群がる怪しい影やった.......ってなことで、実際にあった事件をモチーフに作られた話らしいんやけど、上手い音楽の使い方や巧みな演出で、2時間ちょっとの尺ながら楽しめる内容に仕上がってたかな。

出だしからクリスチャン・ベイルの見事な“ハゲ隠し”に感心してもうたんやけど、さらに貫禄の太鼓腹は、役作りのために20キロ増量した成果やっていうから、『マシニスト』って作品での不眠症の男を演じた際も驚かされたんやけど、彼のプロ根性には感心させられるよなぁ?!

ただ、キャストでいうと、この作品の演技でも評価されてる(アカデミー賞助演女優賞ノミネート)ジェニファーくんなんやけど、役柄のせいなのか、どうもその魅力が個人的には理解できんのよ。たまらなく、その演技にイライラしてもうて.........(苦笑)

作品全体の感想としては、飽きさせない内容になってるし、一定の評価はされて然るべきなんやと思うものの、特別ワクワクするとか、驚きや感動があるといったものがなくて、それほど“大作感”がないんよね。

これでアカデミー賞の作品賞や監督賞って言われると..........正直ちょっと寂しいかもなぁ.................?!(苦笑)

« 『小さいおうち』 | トップページ | 『ウルフ・オブ・ウォールストリート』 »

映画」カテゴリの記事