« 『僕が星になるまえに』 | トップページ | 『サタデー・ナイト・フィーバー』 »

2014年2月28日 (金)

『不安の種』

今日は、日本のホラーものをひとつ、ご紹介♪

これ、もともとはマンガ雑誌に連載されてたホラー・コミックを映像化した作品なんやってね。でもって、監督さんは、これまでもホラー系の作品をメインに手掛けてきたひとらしい。

あまり日本のホラーを観ないので、この作品もそれほど興味はなかったんやけど、個人的に期待してる若手女優の石橋くんが出演してるってことで、ちょこっと気になってレンタル屋で手にしてみたってわけ。

ということで、そんなヨコシマな気持ちで鑑賞した作品の感想は.........................?!

不安の種   ★★★☆☆   (2013年)

監督:長江俊和

出演:石橋杏奈、須賀健太、浅香航大、津田寛治、岩井志麻子、栗原 瞳、森くれあ、川村亮介、小山 颯

とある町に越してきた一家だったが、ある日、停電により真っ暗になった家のなかで、家族は見えてはいけないものを見てしまい、次々と殺されてしまう............ってなホラー映画?!

出だしから、ちょと奇妙な映像で恐怖心を煽りつつ、ホラーで突っ走るのかと思いきや、どこか中途半端に笑いを取りにきてるような感じすらさせるような、何とも不思議なノリの作品やったね。

そもそものところで、こんなホラー系の作品に、キュートな石橋くんが出てくるってのが驚きではあるんやけど、でも、その存在があるからこそ、恐怖一辺倒の流れになることなく、バランスが取られてるのかもね!(笑)

まぁ、どこかシュールな設定のなかで、日常を意識させつつ、そこから少しラインを越えたあたりの恐怖ってのを演出するってあたりは、観る側をそれなりに怖がらせるだけのクオリティはあるのかも。

しかし、一番不安にさせられたのは、エンドロールの流し方と超パンクな音楽やったかもね♪(笑)

« 『僕が星になるまえに』 | トップページ | 『サタデー・ナイト・フィーバー』 »

映画」カテゴリの記事