« 『建築学概論』 | トップページ | 『ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅』 »

2014年3月 7日 (金)

『シャニダールの花』

今日は、話題の女優さんが出てる邦画をひとつ、ご紹介♪

誰が話題かっていうと、ちょっと前に紹介した『小さいおうち』の演技で、ベルリン国際映画祭の銀熊賞(最優秀女優賞)を受賞した黒木 華が出てるんよ。

そこにイケメン俳優で人気の綾野くんが共演とは、なかなか流行りのキャスティングってことなんかな。果たして“前掛け姿”で出てくるのかって期待したら、今回は白衣やった(笑)

そんな作品は、劇場公開の際の評価もなかなか良かった感じなんで、少し期待をしてみたんやけど......................その感想は................................................??

シャニダールの花   ★★★☆☆   (2012年)

監督:石井岳龍

出演:綾野 剛、黒木 華、伊藤 歩、古館寛治、山下リオ、刈谷友衣子

一部の女性の胸に咲く花“シャニダール”を、花が開花した段階で摘み取り、新薬の開発に使っている研究所に配属された新人の研究員は、開花するまで、花の提供者となる女性たちのケアをするのだが.........ってなファンタジー調のドラマ?!

提供者の心理状況が花の開花に影響するってことで、神秘の花を大切に見守るが、とある事件をきっかけに疑念が.........ってな感じで、ユニークな設定のドラマが展開するんよね。

話のネタとしては悪くないと思うんやけど、これ、作品としてどないなんやろなぁ.............あまりにもツッコミどころが多すぎて、途中から思わず失笑してもうたよ(苦笑)

主演の綾野くんは、気難しい表情で気合い入れて演じてる“風”なんやけど、いかんせん、相変わらず演技が軽いんよね。どうにもスカスカな感じが痛くて.........。

それと、監督さんの演出、かなり中途半端やった。そもそも、2分割画面でやる意味がよう分からんし、途中で試しに小手先でこねくり回して見たけど、どないやろ、的な感じがどうにもみっともなくて(苦笑)

脇役で古館くんが、さりげなく弾けてたのが、唯一の楽しみやったかなぁ...........期待しただけに、余計にガッカリな作品やったね?!

« 『建築学概論』 | トップページ | 『ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅』 »

それ、ちょっと...」カテゴリの記事