« 『ディア マイ ファーザー』 | トップページ | 『アップサイドダウン 重力の恋人』 »

2014年3月 4日 (火)

『スクールガール・コンプレックス~放送部篇~』

今日は邦画をひとつ、ご紹介♪

この作品、製作してるのが大手芸能プロダクションのスターダスト・プロモーションってことで、まぁ、要するに所属タレントの見本市みたいなノリなんよね。

そんななかで、ちょっと注目なのは、今、劇場で公開中の『愛の渦』ってチョイエロ(?)な作品に出演して評判になってる(?)門脇 麦って若手の女優さんかな。彼女、ちょっと前まで竹野内 豊が出てた東京ガスの“ガスの仮面”ってシリーズCMで、バレリーナの役をやってた子なんやって。

ちなみに、彼女の所属事務所は、満島ひかりや朝ドラで人気の東出昌大くんなんかと同じユマニテって事務所らしく、どうやらスターダストではないみたい。まぁ、どうでもエエんやけど(笑)

というわけで、そんな作品の感想は....................?!

スクールガール・コンプレックス~放送部篇~   ★★☆☆☆   (2013年)

監督:小沼雄一

出演:森川 葵、門脇 麦、吉倉あおい、近藤真彩、高井つき奈、今野鮎莉、新木優子、寿 美菜子

とある女子高の放送部で部長を務める女の子は、問題児と言われていた同級生が入部すると聞いて戸惑うが、彼女に不思議な感情を抱いている自分に気づき...........ってな、女子高を舞台にした女の子たちの恋愛感情を描くドラマってとこかな?!

頑張って部をまとめようと必死のマジメな女の子と、いろいろと問題を抱えたミステリアスな女の子、友情ではない“好き”という気持ちを抱き、幼なじみの親友との関係も含めて、若い感情が交錯するってね。

まぁ、当然、男には“女の園”の実態ってのはよう分からんわけで、実際はどうなのかは知らんけど、きっとこれ、ある意味、監督さんの妄想が形になった作品ってことなんかもね(笑)

ふとしたキッカケで他人を好きになり、気がついたら、どうしようもなく夢中になってる、そんな感情は、相手が男か女かってことに関係なく、分からんでもないかな?!

それなりに“青春やなぁ”って思いつつ観てたんやけど、あまりにもお気楽な終わり方に、オイオイってツッコミを入れつつ、分かってたつもりででも、結局のところ未熟な若手女優さんたちの顔見せのための、学芸会ノリの映画かってことを思い知らされて、最後はちょっとグッタリしてもうたよ(苦笑)

« 『ディア マイ ファーザー』 | トップページ | 『アップサイドダウン 重力の恋人』 »

それ、ちょっと...」カテゴリの記事