« 『ウォルト・ディズニーの約束』 | トップページ | 『サンゴレンジャー』 »

2014年3月24日 (月)

『メトロマニラ 世界で最も危険な街』

今日は、劇場未公開の作品のなかから、思わずおススメしたくなるほど良くできたドラマをひとつ、ご紹介..........って、そもそもなんでこれ、劇場未公開なんやろ?!

これ、マニラが舞台の作品なんやけど、作品はイギリス人の監督さんが作ったものなんよ。監督のショーン・エリスは、以前にも紹介した男の妄想を見事に映像化した『フローズン・タイム』って作品や『ブロークン』なんてホラー調のサスペンスを作ったひとなんよね。

実はこれ、サンダンス映画祭のワールドシネマ部門で観客賞を受賞したりして、かなり評価された作品らしいんよ。日本では劇場では公開されず、どうやらWOWWOWで放映されたみたいなんやけど。

というわけで、そんな作品の感想は.......................?!

メトロマニラ 世界で最も危険な街 / Metro Manila   ★★★★   (2013年)

監督:ショーン・エリス

出演:ジェイク・マカパガル、アルセア・ヴェガ、ジョン・アルシラ、アナ・アバド=サントス、マイルス・カナピ、エリン・パンリリオ

山間部にある農村で米を作っていたが、生活が苦しく、幼いふたりの子どもを連れてマニラに出てきた夫婦。大都会に出てきて簡単に他人に騙され、全財産を失くしてしまうが、スラムに住む場所をみつけ、なんとか警備会社の面接を受けるのだが........ってなサスペンス調のドラマ?!

都会の片隅で必死に生きようとする家族を追いながら、思わぬ事件に巻き込まれ、ある決断を迫られる様をスリリングに描いてるんよね。

かすかに見えてきた光明と、それを打ち砕く現実、そのなかで家族のために男が取る行動は..........ってなことで、なんかね、後半の盛り上がり方が見事なんよ!?

写真家でもある監督さんが切り取る、都会の貧困というリアリティのなかで、巧みに織り込まれる犯罪ドラマ、それが家族の物語になってるってところが実に秀逸なんよなぁ。

切なさと希望が入り交じった、ちょっとヒネリの効いたエンディングに、なんや熱いものを感じてもうて、思わず心動かされてもうた。

いやぁ~、お見事!?

« 『ウォルト・ディズニーの約束』 | トップページ | 『サンゴレンジャー』 »

お・ス・ス・メ!」カテゴリの記事