« 『私が愛した大統領』 | トップページ | 『リトル・フィッシュ』 »

2014年4月 6日 (日)

『マルタのやさしい刺繍』

最近、なんや映画館に行くヒマがなくて、ちょっと気分がオチぎみなんやけど、そんなことではアカンってことで、少し癒しのある(?)スイス映画をひとつ、今日はご紹介ってね♪(笑)

この作品、そもそもスイス映画って時点でかなりマイナーな臭いがプンプンするんやけど、出演者も世界的には無名なひとばかりで、とっても地味なんやけど、本国スイスで公開当時、観客動員数が1位となり、アカデミー賞の外国語映画賞のスイス代表になったんやって。

日本でもミニシアター系でスマッシュ・ヒットになって、結構な話題作になってたのを、なんとなく記憶してるんやけどね。

というわけで、そんな作品の感想は........................?!

マルタのやさしい刺繍 / Die Herbstzeitlosen   ★★★☆☆   (2006年)

監督:ベティナ・オベルリ

出演:シュテファニー・グラーザー、アンネマリー・デュリンガー、モニカ・グブザー

夫の死の悲しみにくれ、生きる気力を失って塞ぎこんでたおばあさんは、若かりし日の夢であったランジェリー・ショップを開店することを決意するのだが..........ってな、スイス発おばあちゃんの“青春”ドラマ?!

スイスの片田舎、保守的な村人の反感を買いながら、息子にも怒られ、それでも友人と計画を進め夢に向かって突き進む........なんて前向きなイカス婆ちゃん!(笑)

いくつになっても夢をあきらめない、それが老人たちの生きがいになり、いつのまにか生き生きした笑顔が溢れる、なんとも爽やかな話やったね。

馬鹿にして、反対する人もいれば、応援する人たちもいる、小さな挑戦が、やがて村人を変えるってなところが、なかなか爽快な展開なんよなぁ。

お年寄りが主人公だけに、のんびりした展開のなかに、時折ユーモアを交え、とっても地味ではあるんやけど、素朴な味わいのあるドラマに仕上がってたね。

ちょっと話に強引さがあるのが気になるのと、もう少し盛り上がって感動できたらなぁ.......とは思ったりもするんやけど、それでも高齢化社会に元気なじいさん、ばあさんの姿を見せられると、不思議と力が湧いてくるってね?!

ちょっと自分も頑張らなアカンよなぁ........って思うわけよ(苦笑)

« 『私が愛した大統領』 | トップページ | 『リトル・フィッシュ』 »

映画」カテゴリの記事