« 『4分間のピアニスト』 | トップページ | 『私が愛した大統領』 »

2014年4月 4日 (金)

『暴走』

今日は邦画をひとつ、ご紹介♪

“邦画”といっても、これ、カテゴリー的には“オリジナル・ビデオ”ってことになるらしい。なので劇場で公開されてるものではなく、おそらくテレビとかその他の媒体で利用するために作られてるんと違うかな。

そんな作品に出てる伊嵜くんといえば、かつて子役として人気で、長渕 剛が主演のドラマで息子役をやってたのを覚えてるんよ。そんな彼も30代半ばになって、なぜかオールバックで先生役をやってるってのは、なんとも感慨深いものがあるんよなぁ........なんて(笑)

そんなわけで、作品の感想はというと................................?!

暴走   ★★☆☆☆   (2013年)

監督:東條政利

出演:鳴海 剛、大山貴世、橋元優菜、桑垣紀彦、伊嵜充則、美月 凛、椿 鮒子、朝岡実嶺、増田美保、金沢涼恵、中原芽生

ごく普通の中学校で起こったイジメによる生徒の自殺未遂事件をきっかけに、教師と生徒、そして親を巻き込んで起こる騒動を描いたドラマ?!

あらすじを見た感じでは、真面目にイジメの問題を取り上げた、ちょっとシリアスなドラマなのかと思ったんやけど、出だしから意味不明なミュージカル仕立てで、しかも音をハズしまくられて、かなり引いてもうたよ(苦笑)

事なかれ主義の学校側と、責任逃れに終始する先生たち、子どものことで必死のモンスター・ペアレントに懲りない生徒、設定としては分からんでもないんやけど、それを大げさに学芸会のノリでやられてまうと、観ててイタイなぁって思ってまうやんか。

どうやら“スマイル学園”なるアイドル・グループの宣伝も兼ねてる風なんやけど、そこに興味がないと、まったくついて行けないノリやったね(苦笑)

« 『4分間のピアニスト』 | トップページ | 『私が愛した大統領』 »

それ、ちょっと...」カテゴリの記事